Apple Watchの 「国立公園チャレンジ」 8月27日に開催が正式告知。Apple Payによる売上の一部を国立公園財団に寄付

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間8月22日、AppleはApple Watchの期間限定アクティビティチャレンジ 「国立公園チャレンジ」 を今月28日に開催すると正式発表した。

また、毎年実施しているApple Payを使って決済すると、1決済につき10ドルを寄付するキャンペーンを今年も実施すると明らかにしている。

Apple Watch向けアクティビティチャレンジ 「国立公園チャレンジ」 8月27日に開催

「国立公園チャレンジ」 は、米国内にある国立公園を支援するための取り組みの一環として開催されるApple Watchの限定アクティビティチャレンジ。2017年から開催されており、今年で6回目の開催となる。チャレンジは8月27日の1日限りで実施される。

国立公園チャレンジ:8月27日のみ実施

今年のチャレンジは、昨年と同じくウォーキング、ランニング、ハイキング、車椅子のいずれかのワークアウトを1.6km(1マイル)分こなすことで達成できる。クリアすると、iMessageで使える特別なステッカーやアクティビティアプリで見ることのできる特別なバッジが手に入る。

新型コロナのパンデミック以降、達成目標が大幅に引き下げられている(以前は3マイルだった)ため、比較的簡単にクリアすることができるはず。例年どおりであれば日本でも展開されることになるため、カレンダーにスケジュールとして入れておくと良いだろう。

また、米国内にある国立公園を支援するキャンペーンを今年も展開する。AppleはApple公式サイトやApple Storeアプリ、もしくは米国のApple StoreでApple Payを使った決済が行われると、1決済につき10ドルを国立公園財団に寄付する。

このほか、Appleの地図サービスやApple Podcastなどに、国立公園局の設立106周年を祝う特別なコンテンツやコレクションが提供されるとのこと。上記の支援キャンペーンは8月28日まで実施される。

▼ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 8
 ・Apple Watch Ultra
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。