Apple Watchの謹賀新年チャレンジ、2022年も開催へ。1月中に7日間連続でリング3つを閉じると達成

参照:9to5Mac

2022年1月に、Appleは毎年恒例のApple Watch 「謹賀新年チャレンジ」 を開催予定であることが9to5Macの報道から明らかになった。

「謹賀新年チャレンジ」 は、毎年1月に開催されているApple Watch向け期間限定アクティビティチャレンジ。

2022年の謹賀新年チャレンジは、1月7日(木)から1月31日(日)までの間のどこかで7日間連続ムーブ・エクササイズ・スタンドの3つのリングのすべてを閉じることで達成できる。同チャレンジを達成すると、特別なバッジやiMessageで利用できるステッカーが入手可能だ。

年末年始は多くの人がだらしない生活を送ってしまいがちだが、同チャレンジは鈍った身体を鍛える足がかりとしてピッタリ。来年1月は、毎年恒例の 「謹賀新年チャレンジ」 にトライしてみてはどうだろうか。

関連記事
Apple Watch Series 7 レビュー (ステンレススチール) 画面がさらに大きくなった新型モデル、どんなユーザーにオススメ?

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。