Apple Watchの謹賀新年チャレンジ、2023年も開催へ。1月中に7日間連続でリング3つを閉じると達成

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

2023年1月に、Appleは毎年恒例となっているApple Watchのアクティビティチャレンジ 「謹賀新年チャレンジ」 を開催予定であることが明らかになった。

9to5Macによると、2023年の謹賀新年チャレンジは昨年と同様、1月中に7日間連続ムーブ・エクササイズ・スタンドの3つのリングのすべてを閉じることで達成できる。同チャレンジを達成すると、特別なバッジやiMessageで利用できるステッカーが入手可能だ。

Apple Watchのアクティビティチャレンジは、1つの目標を特定の日に達成することが求められることが多いが、謹賀新年チャレンジは7日間連続で3つのリングを閉じるという、年初から少しハードな目標達成を求められる。

とはいえ、年末年始でだらけてしまった体を引き締めるのにはぴったりなチャレンジとなっているため、ぜひ1月中は 「謹賀新年チャレンジ」 の達成に向けて運動を頑張ってみてはどうだろうか。

関連記事
Apple Watch Ultra レビュー|驚異の56時間バッテリー駆動のタフネスモデル!その使い心地/性能を徹底検証
Apple Watch Ultra用ダイビングアプリ 「Oceanic+」 本日より提供開始。料金は月額1,380円(税込)~

▼ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 8
 ・Apple Watch Ultra
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

(画像:9to5Mac)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。