Apple Watchの虹色ウォッチフェイス「Pride Face」、WWDC2018の基調講演後にリリース予定か

今年3月、AppleはApple Watch向けに虹色の新ウォッチフェイスを導入すると噂されていたが、同ウォッチフェイスはいよいよ来週にも実装される予定なのかもしれない。

これを報告しているのは、9to5Macの記者で開発者でもあるGuilherme Rambo氏。彼は今年3月の時点で、iOSの最新ベータ版の中に、Apple Watchの新ウォッチフェイスの存在を確認しており、「iOS 11.3」でリリースされることを予想していた。

しかしながら、その予想とは裏腹に、Appleによって同ウォッチフェイスの記述が一時的に削除。実際に「iOS 11.3」及び本日公開された「iOS 11.4」でもリリースには至らなかった。

だが、本日リリースされた「iOS 11.4」と「watchOS 4.3.1」の中に、再び同ウォッチフェイスに関する文字列が発見されたという。

Apple Watchのフェイスをタップすると、上記のようなアニメーションが動作するようになっているようだ。これはLGBTを象徴するレインボーフラッグのデザインになっているとみられる。

さらに記述には、「WWDC 2018」の基調講演の終了時刻と近い2018年6月4日午後0時と記載されていることから、「WWDC 2018」後に利用可能になることが予想される。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。