Apple Watch SEとApple Watch Series 3が最大1,020円値上げへ。Apple Watch Series 7の登場に伴い

10月4日、Appleは今秋発売としていた 「Apple Watch Series 7」 を10月15日(金)に発売すると発表。発売に先駆けて、本製品の10月8日(金)午後9時に予約受付を開始すると明らかにした。

また、同日より継続販売される 「Apple Watch SE」 と 「Apple Watch Series 3」 の価格改定も明らかに。「Apple Watch SE」 は32,780円→32,800円(税込)に、「Apple Watch Series 3」 が21,780円→22,800円(税込)と、20~1,020円値上げする。

  • Apple Watch Series 7:48,800円(税込)〜
  • Apple Watch SE:32,780円〜 → 32,800円(税込)〜
  • Apple Watch Series 3:21,780円〜 → 22,800円(税込)〜

Apple公式サイトでは同新価格は適用されていない模様。おそらく数日中、あるいは今週金曜の 「Apple Watch Series 7」 の予約開始と同時に改訂されるのではないだろうか。

なお、10月8日(金)午後9時に予約が開始される 「Apple Watch Series 7」 の価格は48,800円(税込)からとなっている。ケースは、アルミニウム、ステンレススチール、チタニウムの3種類を用意。カラーラインナップは、アルミニウムモデルがミッドナイト、スターライト、グリーン、ブルー(PRODUCT)REDの5種類、ステンレススチールモデルがシルバー、グラファイト、ゴールドの3種類。チタニウム素材を採用するモデルは 「Apple Watch Edition」 と呼ばれ、チタニウム、スペースブラックチタニウムの2種類から選ぶことが可能だ。

また、例年と同じくHermèsモデルとNikeモデルも用意される予定。これらのモデルには専用の新バンドとストラップ、文字盤が同梱される。

「Apple Watch Series 7」 は、先代の 「Apple Watc Series 6」 からデザインを改良。画面周囲のベゼル幅を削減したことで画面サイズが20%大型化、Series 3から比べると50%大型化している。画面強度も強化されているとのこと。本体の耐久性能はIP6X程度。

本製品にあわせた新しいウォッチフェイス (文字盤) も実装されるほか、画面の大型化のおかげでついにフルサイズキーボードも利用できるように。また、屋内における画面輝度も改善されているという。

「Apple Watch Series 7」 は10月8日(金)午後9時に予約開始。発売は10月15日を予定している。価格は48,800円(税込)から、Apple公式サイトなどで購入可能になる。

関連記事
「Apple Watch Series 7」 10月8日(金)午後9時に予約開始。発売は10月15日
「Apple Watch Series 7」 が正式発表。新機能、スペックなどまとめ。発売は2021年秋後半

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。