Apple Watch Series 5/SEが省電力モードになり充電できない問題、解決しない場合は無償修理へ

現地時間2月15日、Appleは 「watchOS 7.3.1」 を一般ユーザー向けにリリースし、Apple Watch Series 5とApple Watch SEが省電力モードになり充電できない問題を修正している。

この問題について、Appleがサポートページを公開。問題が解決しない場合は無償修理を行う旨が案内されている。

省電力モード時に充電できないApple Watch Series 5/SEは無償修理を実施

公開されたサポートページによると、watchOS 7.2/7.3を搭載したApple Watch Series 5やApple Watch SEで、省電力モードになった後にバッテリーが充電されなくなる事象が一部で報告されているという。

同問題が発生しているかどうかは、普段使っている充電器の上にApple Watch Series 5/SEを置いて30分以上待つことで確認できる。もし充電されない場合は無償修理の対象となるとのこと。

上記の方法で充電されなかった場合は、こちらのリンクからAppleサポートに問い合わせていただきたい。

ちなみに、Appleは同問題が他のApple Watch Series 5/SEで発生するのを防ぐため、一般ユーザー向けに 「watchOS 7.3.1」 を配信している。Apple Watch Series 5/SEを使っていて現時点で問題が発生していない場合でも、早めに同バージョンにアップデートしておこう。

関連記事
Apple Watch Series 6 レビュー (チタニウム) 血中酸素濃度を計測できる新モデル。どんなユーザーにオススメ?
正式版 「watchOS 7.3.1」 配信開始。Apple Watch Series 5/SEで省電力モード時に充電できなくなる問題が修正

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。