Apple、「Apple Watch」用の充電ケースを開発中か スマートバンドも同時に開発している可能性再び

AppleはApple Watchを充電するためのケースを開発中なのかもしれない。米国特許商標庁USPTOの資料から明らかになった。

Appleは「Apple Watch」専用の充電ケースを開発中?

USPTOの資料から、Appleは「Apple Watch」を充電するためのキャリングケースに関する特許を取得したことがわかった。以下がその資料だ。

この資料に描かれているものは、「AirPods」の充電ケースのように、「Apple Watch」を中にしまって充電することのできるものになっている。

形状は「AirPods」の充電ケースとは当然ながら異なり、ペンケースのように一方に「Apple Watch」本体とバンドをはめる場所があり、もう一方は蓋のようにパタンと閉まる形になっている。

本体を収納する場所には、充電ケーブル(Lightningケーブル?)を差し込む場所があるようで、電源に接続することで、中にしまった状態でもApple Watchを充電することができるようだ。

Appleが作る純正の「Apple Watch充電ケース」と聞くと、とてもカッコいい製品になるのでは?と期待したくなる。ただし、一つ疑問がある。

同ケースの設計を見てお気付きの方もいるかと思うが、この充電ケースは基本的に日常的に使うには少々使い勝手の悪いもののように見える。なぜなら、充電ケースにしまうたびに、Apple Watchのバンドを外し、固定しなくてはいけないからだ。

Apple Watchはウェアラブル端末であるため、すぐに身につけられるものであるべき。しかし、このケースはその逆を行く。なぜなのか。

特許の情報をよく見てみると、このケースの中には複数の回路が埋め込まれているとのこと。具体的に何の回路なのかは不明だが、可能性があるのは、Apple Watchのバンドを充電するため。

一時期、Appleは「Apple Watch」の機能を拡張するためのスマートバンドを用意していると噂されていた。このスマートバンドには血糖値を測るためのセンサーが搭載されたり、「Apple Watch」用を充電できる予備バッテリーが内蔵される可能性が指摘されている。

もしAppleが、今もこのケースの開発を続けているなら、同ケースは単にApple Watchを充電するためのものではないのかも。将来的に「Apple Watch」用のスマートバンドが登場する可能性が同特許によって再燃している。

[ via Patently Apple ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。