「Apple Watch 2」は今より40%薄くなる? 早くて「WWDC 2016」で発表される可能性

Apple Watch」が発売されてから1年以上が経過した。とりあえず「Apple Watch」は今のところ様子見で、次の「Apple Watch 2」の登場を期待しているという人にとってグッドニュースとなるかもしれない。

「Apple Watch」の改良版とも言える次期モデル「Apple Watch 2」は、現行のモデルに比べて最大40%薄型化される可能性があると報じられているようだ。

20~40%薄型化され、「WWDC 2016」で発表か

Drexel HamiltonのBrian White氏が公開したレポートによると、Appleは現行モデルよりも20~40%薄型化された「Apple Watch 2」を「WWDC 2016」で発表する可能性があると報告している。

applewatch3

以前からも、次期「Apple Watch」の登場については噂されており、大方の予想では今年の秋頃に発売されるとされてきた。今回のBrian White氏のレポートでは、今までの噂よりも数ヶ月早くリリースされることになり、濃厚なのは6月、「WWDC 2016」で発表されるとのことだ。

「WWDC 2016」は新型「MacBook」や「iOS」「OS X」の発表などが目白押しで、Appleが開催するイベントとしてはかなり大規模な発表会となる。そこに新作の登場をぶつけてくる可能性は極めて高い。

apple-watch-2-design5

Brian White氏のレポートでは、「Apple Watch 2」は20~40%薄型化されると予想しているが、どちらかというとスリムな腕時計が好きな僕としては非常に嬉しいところ。普段から多少大きめのクロノグラフ時計をつけているので、大きい腕時計には慣れているのだが、現行のモデルは正直少し厚すぎると思っていたところだ。

それだけに、次期「Apple Watch」が薄くなってくれることには非常に期待している。僕と同じように今よりも薄いモデルを求めているユーザーは結構多いのではないだろうか。

ただ、そうなると少し気になるのは、バッテリー性能がどうなるかということ。ケースの厚さが薄くなれば、それだけ内部のスペースも小さくなる。今より駆動時間が短くなるようなことはほぼないと思うが、逆に言えば、駆動時間が長くなるということもなさそうだ。

「iPhone 7 Plus」はやはりデュアルレンズカメラを搭載か

ちなみにBrian White氏のレポートは、次期「iPhone」の「iPhone 7」にも触れられている。「iPhone 7」シリーズは7月から生産が開始され、過去のモデルと同じように「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の2モデルが登場すると予想。

そして、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の予想と同じく、「iPhone 7 Plus」にはデュアルレンズカメラが搭載されるだろうと伝えている。

iphone6sshot

これらの情報は「WWDC 2016」で発表されるまで分からないわけだが、現段階での有力な情報と言えそうだ。もし発売となる場合、「Apple Watch 2」の登場を心待ちにしている人は購入に向けて忙しくなりそう。今後の情報はしっかり追っておくことが大事になるだろう。

[ via MacRumors ]

apple-watch-2-design5
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう