32種類のApple Watch用バンドが販売終了や売り切れに 新製品発表イベント開催の前触れか

Apple Watch 用に用意されているバンドの一部モデルが販売終了になったことがわかった。

海外メディアMacRumorsによると、米Apple公式サイトにラインナップされている一部のApple Watchのバンドの販売ページが削除されたとのこと。また、それ以外にも多くのバンドが「売り切れ」になっており、実質的に購入することができなくなっているという。

その数、なんと34種類。販売ページが削除されたのは14種類。売り切れになっているバンドは全部で20種類にも及ぶ。

筆者も確認したところ、日本の公式サイトでも一部のバンドは販売終了もしくは売り切れになっていることがわかった。購入できなくなったバンドは全32種類。以下の通りになっている。

商品ページが削除されてしまったバンド

スポーツループ
・マリングリーン
・ホットピンク
・フラッシュライト
・タホブルー
・ミッドナイトフォグ – Nike
・カーゴカーキ – Nike

スポーツバンド
・マリングリーン
・スカイブルー
・デニムブルー
・レモネード
・カーゴカーキ/ブラック – Nike
・ベアリーローズ/パールピンク – Nike
・ブラック/ホワイト – Nike

在庫がなくなっているバンド

スポーツバンド
・ピーチ(38mm)
・レッドラズベリー(38mm)
・ミストブルー(42mm)
・ピュアプラチナ/ホワイト – Nike(38mm/42mm)

ウーブンナイロン
・プライドエディション(38mm/42mm)
・ピンクストライプ(38mm/42mm)
・ブルーストライプ(38mm)
・グレイストライプ(38mm/42mm)
・ブラックストライプ(38mm)
・ホワイト(チェッカー)(38mm)
・スパイシーオレンジ(チェッカー)(42mm)
・ダークオリーブ(チェッカー)(42mm)
・ベリー(ストライプ)(38mm/42mm)
・オレンジ(ストライプ)(38mm/42mm)
・ポレン(ストライプ)(38mm/42mm)
・レッド(ストライプ)(42mm)

クラシックバックル
・エレクトリックブルー(38mm/42mm)
・ソフトピンク(38mm)
・トープ(42mm)

これらのバンドの販売が終了したのは、おそらく近いうちにAppleは新製品発表イベントを開催し、同イベントで新しいバンドを発表するつもりだからだろう。どんなバンドが登場するのか、今からとても楽しみだ。

ちなみに、現状の噂をまとめると、Appleは来月12日に新製品発表イベントを開催すると予想されている。その中で、同社は新型iPhoneや新型iPad、そして新型Apple Watchを発表することが予想されている。

新型Apple Watchは端末サイズはそのままに画面の面積が15%ほど大きくなるという。また、バッテリー持ちが改善したり、サイドのデジタルクラウンが物理式ではなく、Taptic Engineで制御する触覚フィードバックになるという噂がある。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。