Apple Watchのアクティビティチャレンジ 「世界環境デー」 が初開催 6月5日にスタンドリング完成で達成

次回のApple Watchのアクティビティ・チャレンジ 「世界環境デー」 が6月5日に開催されることがわかった。米Apple系メディア9to5Macの記者Chance Miller氏が伝えた。

6月5日の 「世界環境デー」 に合わせてアクティビティ・チャレンジが実施

今回開催が判明したアクティビティ・チャレンジは、6月5日の 「世界環境デー」 を記念したもの。「世界環境デー」 は環境保全に対する関心を高めるために制定された国際記念日となっている。

同アクティビティ・チャレンジは、Apple Watchをつけてスタンドリングをとじることで達成することが可能だ。スタンドはApple Watchが計測できる3つのアクティビティのうち ”立つ” ことで達成できるアクティビティで、リングをとじて1日の目標を達成するには1日に12回、立ち上がってすこしでも体を動けばOK。

無事にスタンドリングを達成できたら、いつものように特別なバッジとiMessage用のステッカーがゲットできる。

Apple Watchのアクティビティ・チャレンジは4月22日のアースデイでも実施される予定だったが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大に伴い、2020年は開催されなかった。ちなみに世界環境デーのアクティビティ・チャレンジは今回がはじめて。つまり実質的にアースデイの代替アクティビティ・チャレンジと言えそうだ。

世界環境デーのアクティビティ・チャレンジは自宅でも達成できるため、Apple Watchをお持ちの方はぜひチャレンジを。

関連記事
Apple Watch Series 5 レビュー (チタニウム) | 時計の常時表示でスマートウォッチから本物の腕時計に昇格
Apple Watchのプライドエディションバンド新作2種が発売 今年はNikeスポーツバンドにも登場

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。