「Apple Watch Series 6 の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラム」 提供開始

4月23日、Appleは 「Apple Watch Series 6 の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラム」 の提供を開始した。

本プログラムは、一部のApple Watch Series 6 (40mm)で、画面が真っ黒になって何も表示されなくなる問題に対処するためのもの。この問題が発生しているデバイスについては、AppleまたはApple 正規サービスプロバイダにて無償で修理を行う。

上記問題が確認されているApple Watch Series 6は、2021年4月から2021年9月までの間に製造されたもの。こちらのリンクからApple Watchのシリアル番号を入力することで、本プログラムの対象かどうか確認することができる。

修理サービスは、Apple正規サービスプロバイダ、Apple Store直営店にて行われる。これらに直接連絡するか、Appleサポートに連絡することで修理を受けられる。配送修理も可能だ。

なお、修理開始前に実機検査を行い、当該Apple Watch が本プログラムの適用対象かどうかを検証するとのこと。また、本プログラムは、Apple Watch Series 6が最初に小売販売されてから2年間適用されるという。

関連リンク:Apple Watch Series 6 の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラム – Apple サポート

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。