「Apple Watch Series 7」 画面領域は現行から最大16%大型化か。フルラミネーションディスプレイ採用との噂も

今秋に発売予定の 「Apple Watch Series 7」 は、3年ぶりのデザイン刷新が予定されており、ケースサイズが約1mmほど大きくなるとみられている。

あわせて画面も大きくなることが予想されているが、米Bloombergによると 「Apple Watch Series 7」 は現行モデルに比べて画面領域が16%大きくなる可能性があるとのことだ。現地時間2日、米Bloombergによって報じられている。

Apple Watch Series 7は画面が対角1.9インチに大型化?

米Bloombergの記者Mark Gurman氏の報告によると、 「Apple Watch Series 7」 には41mm、45mmモデルの2種類が用意される予定。現行モデルは40mm、44mmであるため、どちらも1mmほどケースサイズが大きくなることになる。

さらに、45mmモデルの画面は対角1.9インチ、解像度は396×484になるとのこと。参考までに 「Apple Watch Series 6」 の44mmモデルは1.78インチ、368×448なので一回りくらい大きくなるイメージかもしれない。

この画面の大型化は、端末(ケースサイズ)自体の大型化だけでなく、さらなるベゼルレス化による恩恵とみられる。41mmモデルの画面サイズに関する詳細な情報はないものの、おそらく45mmモデルとおなじように画面が大きくなることが予想される。

(image via Patently Apple)

Apple Watchの大型化にともない、Appleは新しい文字盤(ウォッチフェイス)を開発している。新文字盤は全世界24のタイムゾーンすべてを同時に見られる “Atlas and World Timer” が用意される。この文字盤はPatek Philippe、Breitling、VACHERON CONSTANTINなど高級時計から発送を得たものであるという。

そのほか、時間によって表情が変わる “Continuum” や既存の文字盤「インフォグラフモジュラー」を改良した “Modular Max” が実装予定だという。Modular Maxはこれまで1つしか表示できなかった大きなコンプリケーションを最大2つまで配置できるようになるとのことだ。

また、NikeモデルやHermèsモデルについても新しいウォッチフェイスが搭載されるとのこと。Nikeモデルは人の動きに基づいて数字が動く仕組みが導入されたウォッチフェイス、Hermèsモデルには時間ごとに数字が変化するウォッチフェイスが導入されるようだ。

「Apple Watch Series 7」 はフラットな新デザインを採用するほか、より高速なプロセッサを搭載することでパフォーマンスが向上すると見られている。また、画面にはフルラミネーション加工が導入される予定となっており、画面とカバーガラスの隙間が少なくなり、より見やすく操作しやすくなる可能性がありそうだ。

ただし、この新デザインを採用した 「Apple Watch Series 7」 は製造において何らかの問題を抱えている模様。発売が遅れるか、あるいは出荷数が限られる可能性がある。

関連記事
Apple Watch Series 6 レビュー (チタニウム) 血中酸素濃度が計測できる新モデル。どんなユーザーにオススメ?
Apple Watch Series 7は発売が遅れる?生産品質問題で製造に遅れとの噂

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。