「Apple Watch Series 7」 は現行バンドと互換性なし?著名リーカーが指摘、在庫も不足中

「Apple Watch Series 7」 はデザイン刷新も現行バンドとの互換性を維持するとこれまで報じられてきたが、すこし雲行きが怪しくなってきた。

米Android系メディアAndroid PoliceのMax Weinbach氏は、「Apple Watch Series 7」 はこれまでのApple Watchと互換性がない可能性があるとのこと。Apple Storeの従業員から、40mm/44mmのバンドがほとんど入荷していないことを聞いたという。

Apple Watch Series 7、現行バンドと互換性がない可能性あり

これについて米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏も、同様にApple Storeに40mm/44mmバンドが品不足になっている現状を伝えている。

これだけで旧バンドとの互換性が失われると断定するにはやや早すぎるかもしれないが、昨今のApple製品は新型モデルが登場する直前に極端な品薄になることが多い。最近では大容量ストレージを搭載したiPhoneや、iPad(第8世代)の在庫が少なくなっている。これらは9月頃に新型モデルが投入されると噂されている。

現行バンドとの互換性をなくしてしまうと、「Apple Watch Series 7」 では当然ながら過去のバンドを使用することができなくなる。以前の報告では、旧バンドとの互換性は維持されると伝えられていたことから過度に心配する必要はないだろうが、Apple Watchシリーズの愛好家からすればやや不安になる情報と言えるだろう。

関連記事
Apple Watch Series 6 レビュー (チタニウム) 血中酸素濃度が計測できる新モデル。どんなユーザーにオススメ?
「Apple Watch Series 7」 は41mm・45mmのラインナップとの噂

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。