Apple Watch Series 7は発売が遅れる?生産品質問題で製造に遅れとの噂

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

今秋に発売予定とされる 「Apple Watch Series 7」 は、発売が遅れる可能性があると、米メディアBloombergが報じている。

Apple Watch Series 7、発売が遅れる可能性あり?

米Bloombergによれば、「Apple Watch Series 7」 には製造品質における問題が発生しており、発売が遅れる可能性があるとのこと。この問題は、「Apple Watch Series 7」 の新デザインが複雑であることに起因するという。

また、Nikkei Asiaによれば 「Apple Watch Series 7」 は、先週頃から小規模生産が開始されているが、生産における重大な課題に直面しており、Appleが求める生産パフォーマンスに達成できていないとのこと。電子モジュール、コンポーネント、ディスプレイの組み立てにおいて問題が発見されており、これを受けて現在は生産が停止されているようだ。

また、「Apple Watch Series 7」 には血圧測定機能が搭載されるが、同機能の耐水性能にはさらなる問題があると、Nikkei Asiaは報じている。これらを踏まえると、「Apple Watch Series 7」 の発売は、当初予定から遅れる可能性がありそうだ。

ただし、もし 「Apple Watch Series 7」 の生産が遅れていても、「Apple Watch Series 7」 をどのように発売するかについて、Appleにはいくつかのオプションがあるはずだ。

Appleは今秋に新型iPhoneの発表イベントを開催するとみられている。同イベントにあわせる形で新型Apple Watchを発表するのがこれまでの通例だが、Appleは 「Apple Watch Series 7」 の発売を遅らせること、発表をして発売だけ遅らせること、そして発表そのものを遅らせることが可能だ。

どの選択肢を選ぶかは生産の遅延次第と言えそうだが、Mark Gurman氏は、Apple Watchの製造問題はこれまでのシリーズでも何度かあったことを指摘。2015年に発売したモデルではTapticエンジンに問題を抱えた結果、発売から数ヶ月間は少量出荷となったことなどを回顧。彼の報告を考慮すると、今月開催される新製品イベントで当初予定どおり発表する可能性は十分にあると言えるだろう。

(via MacRumors)

関連記事
Apple Watch Series 7は複数の新ウォッチフェイスが搭載。Bloomberg著名記者が発信
Apple Watch Series 6 レビュー (チタニウム) 血中酸素濃度が計測できる新モデル。どんなユーザーにオススメ?

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。