Apple Watch Series 8、より大きな画面を搭載したモデルが登場?著名アナリストら伝える

今秋に登場予定のApple Watch Series 8には、41mmと45mmの2モデルに加えて、さらに大きな画面を搭載したモデルが登場する可能性があるようだ。

未発表Apple製品の画面について独占情報を伝えることで有名なDSCC (Display Supply Chain Consultants) CEOのRoss Young氏と、Hatong International Securitiesの著名アナリストJeff Pu氏が詳細を伝えている。

Apple Watch Series 8により大きな画面を搭載したモデルが登場か

Ross Young氏は昨年10月、Apple Watch Series 8について、3つの画面サイズが登場する可能性を示唆していた。とあるTwitterユーザーがこの情報について質問したところ、新たに追加されるモデルの画面サイズは対角1.99インチ(約50mm)になると同氏が返信している。

さらにJeff Pu氏は、AppleのサプライヤーであるLuxshareが2インチの画面を搭載したApple Watchのハイエンドモデルの唯一のサプライヤーになると投資家向けレポートで言及。Ross Young氏の伝えた画面サイズとほぼ一致していることから、同氏の情報を裏付ける結果となった。

参考までに、現行のApple Watch Series 7の画面サイズは、41mmモデルが1.691インチ、45mmモデルが1.901インチとなっている。新しい画面サイズが1.99インチだとすると、現行の45mmモデルよりも約5%大きいことになる。

現時点で伝えられている情報だけでは、Apple Watch Series 8が本当に3モデル展開になるのか、今秋に投入されると噂のエクストリームスポーツ向けモデルに関係する情報なのかは不明。今後の情報に注目だ。

(via MacRumors)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。