新型Apple Watch SEは、Series 8と同じSiPを搭載か。価格は279ドル〜、体温測定センサーは搭載されないと著名記者

Appleは今秋、Apple Watchの全ラインナップを刷新する計画との噂がある。既報では、最も注目される最上位モデルは 「Apple Watch Edition」 を 「Apple Watch Pro」 に置き換える形で、画面の大型化&バッテリー容量増大などで “プロ化” すると伝えられているが、エントリーモデルであるApple Watch SEについても新型モデルが投入される可能性があることがわかった。

この情報を伝えているのは、米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏。同氏は、Apple Watch Series 8の全ラインナップの刷新を伝え、各モデルの特徴について説明した。

Apple Watch SEの新型モデルが登場?

Mark Gurman氏によると、今秋に登場する新型Apple Watchは以下のラインナップになるとのこと。各モデルの特徴や価格についてもまとめておく。

Apple Watch SE (第2世代)
・40mmモデル:279ドル〜
・44mmモデル:309ドル〜
筐体素材:アルミニウム
特徴:Apple Watch Series SEの後継モデル。上位モデルとなるApple Watch Series 8と同じ新チップS8が搭載されるが、体温センサーが搭載されない見通し。

Apple Watch Series 8
・41mmモデル:399ドル〜
・45mmモデル:429ドル〜
筐体素材:アルニウム、ステンレススチール
特徴:Apple Watch Series 7の後継モデル。新機能として体温センサーが搭載される可能性、新チップS8が搭載されるが、SiPの性能は前モデルと実質的に同じ。

Apple Watch Pro
・サイズ不明 (対角は1.99インチ?):900ドル〜 or 999ドル〜
筐体:チタニウム
特徴:Apple Watch Editionを置き換える形で投入されるプロモデル。画面サイズが対角2インチになることで、画面面積が従来比7%増加。割れた時に飛散しにくいディスプレイ用ガラス、より長いワークアウトを可能にする大容量バッテリーが搭載されるという。体温センサーを搭載、SiPはS8。

Mark Gurman氏の情報が正しければ、Apple Watch SE(第2世代)と、Apple Watch Series 8の違いは画面サイズと体温測定センサーが搭載されるかどうかという点になるとみられる。

この差額を高いと見るか安いと見るかは人それぞれとは思うが、もしこれだけの性能差であればSEを選ぶユーザーも多そうだ。果たして本当に今秋Apple Watch SEが登場するのだろうか。

(画像:Apple)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。