Apple Watch Series 3、アプリを利用してスキーとスノーボードの運動量を記録できるように

そろそろウインタースポーツの季節も終わりを迎えてしまうが、まだスキーやスノボに行く機会がある人は、ぜひとも「Apple Watch」を着用して行ってみよう。

2月28日、Apple「Apple Watch Series 3」で、新たに「スキー」と「スノーボード」の運動量を記録できるようになったことを発表している。

Apple Watch Series 3で「スキー」と「スノーボード」の運動量が記録可能に

今回のアップデートでは、「Apple Watch Series 3」と特定のアプリを使うことで、スキーやスノーボードを用いた運動量が記録されるように。利用できるアプリとしては「snoww」「Slopes」「Squaw Alpine」「Snocru」「Ski Tracks」の5つが挙げられている。

これらのアプリを最新バージョンにアップデートし、かつカスタムワークアウトAPIが導入された「watchOS 4.2」以降のOSを使用することで、記録が可能になるようだ。

記録できるデータは以下の通り。

  • 総標高差および水平距離
  • 滑走本数
  • 平均および最高速度
  • 合計所要時間
  • 燃焼カロリー

また、デベロッパーは「Apple Watch Series 3」が内蔵するGPSや高度計、カスタムワークアウトAPIを利用することで、特定の数値を計測・追跡することが可能。

日本国内では、「Zones 心拍トレーニング」が同カスタムワークアウトAPIを利用しているとのことだ。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 4
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。