「Apple Watch Series 8」 が正式発表。新機能、価格、発売日など詳細まとめ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間9月7日、Appleは新製品発表イベント 「Far out.」 を開催。同イベントのなかで、新型Apple Watchである 「Apple Watch Series 8」 を発表した。

「Apple Watch Series 8」 は、現行モデルの 「Apple Watch Series 7」 の後継機種として登場する。

デザインは従来のものを基本踏襲し、端末縁ギリギリまで広がる狭ベゼル画面を採用。画面は常時点灯に引きつづき対応する。

また、女性の健康に焦点を当てた新機能として、月経周期の計測機能を搭載している。新たに搭載された皮膚温センサーによって、手首から基礎体温を測ることが可能。皮膚温は、5秒置きに計測し、摂氏0.1度の僅かな変化も読み取ることが可能だ。計測したデータはヘルスケアアプリに保存され、排卵周期の推測などに役立てられる。

さらに、新たなウォッチフェイスが搭載されるほか、改良されたワークアウトアプリなどを特徴とする。

また、改良された3軸ジャイロセンサーおよび加速度センサーが新たに搭載されたことで、自動車などの衝突事故の検出が可能に。衝突事故が検出された際には警察などに自動的に緊急通報が行われるとのこと。

バッテリー駆動時間は18時間だが、新たな低電力モードによって最大36時間の駆動が可能。就寝時の充電をしなくても一日バッテリーが持つだけでなく、国際線など充電できない環境で利用することが可能だ。ちなみに、低電力モードはwatchOS 9を適用することでApple Watch Series 4以降で利用することが可能だ。

「Apple Watch Series 8」 にはGPSモデルとGPS+Cellularモデルの2種類が用意され、GPS+Cellularモデルは国際ローミングにも対応。世界30のキャリアで通信することが可能になる。

「Apple Watch Series 8」 には、アルミニウムとステンレススチールは2種類のケースが用意される。カラーは、アルミニウムモデルがシルバー、スターライト、ミッドナイト、(PRODUCT)REDの4色。ステンレススチールはシルバー、グラファイト、ゴールドの3色。

価格はGPSモデルが399ドル~、GPS+Cellularモデルが499ドル~。本日より予約受付は開始され、発売は9月16日を予定している。

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。