Apple Watch Ultra用ダイビングアプリ 「Oceanic+」 本日より提供開始。料金は月額1,380円(税込)~

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

11月28日、Appleは 「Apple Watch Ultra」 専用アプリケーション 「Oceanic+」 を配信すると発表した。アプリ自体の価格は無料、月額1,380円もしくは年額11,000円。14,800円でファミリー共有も利用でき、最大5人までアクセスできる (価格はいずれも税込) 。

「Oceanic+」 は、レクリエーショナルダイビング器材の開発で知られるHuish Outdoorsとのパートナーシップから生まれたダイビング用アプリケーション。Apple Watch Ultraの発表当時に2022年のリリースが宣言されていたが、ついに正式リリースに至った形。

Apple Watch Ultraに搭載された水深計と水温センサーで、Bühlmann減圧アルゴリズムを実行し、ダイブプランやダイビング指標、視覚と触覚のアラーム、減圧不要限界、浮上速度、安全停止ガイドなどの機能が利用可能。Apple Watch Ultraをレクリエーショナルなダイブコンピュータとして使用することが可能だ。

ダウンロードはApp Storeから可能。利用するにはiOS 16.1を搭載したiPhone 8以降のiPhoneとペアリングされた、watchOS 9.1を搭載したApple Watch Ultraが必要だ。

ちなみに、Apple Watch Ultraには標準で 「水深」 アプリが搭載されており、時刻や現在の水深、水温、水中の時間、最大水深などが確認できる。同アプリはApple Watch Ultraが水中に入ったときに自動起動するよう設定することも可能だ。

関連記事
Apple Watch Ultra レビュー|驚異の56時間バッテリー駆動のタフネスモデル!その使い心地/性能を徹底検証
【5分でわかる】Apple Watch 全機種の性能・違い比較。Series 8|Ultra|SE、オススメはどれ?

▼ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 8
 ・Apple Watch Ultra
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。