App Store、2021年元日の売上が過去最高5億4000万ドル記録。年末最終週も前年比27%増加

1月6日、Appleは2020年度の年末年始における世界のApp Storeのグローバル売上を発表した。

Appleのプレスリリースによると、2021年1月1日の売上は5億4000万ドル(日本円で約550億円)。これは2020年の元日と比べると40%増の数字で、過去最高の売上となった。

また、2020年のクリスマスイブから大晦日まで(12月24日〜12月31日)のホリデーシーズン1週間の売上は18億ドル(日本円で約1850億円)だったことも発表されている。こちらも前年比27%増と大幅な増加となった。

App Store、2021年元日の売上が過去最高を記録

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により日常が一変。家族や友人など会いたい人に直接会うことも難しくなり、一部地域によっては外出禁止令などが発令されたりもしたが、その中でアプリ開発者たちは人と人の繋がりを維持し、テレワークやオンライン授業をするための新しい方法を提供し続けた。

その結果、App Storeの全体の売上は2008年にApp Storeが誕生して以来、2000億ドル以上を記録したという。昨年の年始から450億ドル以上も売上が伸びたことになる。

また、Appleによると、2020年にもっともダウンロードされたアプリは 「Zoom」 と 「Disney+」 で、ゲームでは 「Among Us」 「Roblox」 などが人気だったとのこと。

Appleは、前年収益100万ドル以下の小規模事業者およびインディーズのデベロッパに対して売上げ手数料を30%から15%に引き下げる新たなデベロッパープログラム 「App Store Small Business Program」 を1月1日からスタートした。

本プログラムについては、小規模で活動している、あるいはこれから起業しようとするデベロッパが継続的にイノベーションを生み出せる環境を支援することが目的であると、Appleは発表している。

今回のプレスリリースでは、Apple Music・Apple TV+・Apple Arcadeなどの主要サブスクリプションサービスの現在の状況についても発表されている。

Apple Musicについては、7000万曲以上の楽曲、何千ものキュレーションされたプレイリスト、25,000以上の独占ラジオエピソードやその他のオリジナルコンテンツが提供されていて、「Apple Music Hits」 や 「Apple Music Country」 など、2020年から新しく配信が始まったラジオステーションは、Beats 1改め 「Apple Music 1」 とともに、数千万人のリスナーに多様なグローバルラジオ体験を提供したという。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?
iPhone 12 全種類の性能・違いを比較。iPhone 12 mini/12/12 Pro/12 Pro Max、オススメのモデルは?

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。