Apple、App Storeの価格設定を大幅改定。最低価格は50円に

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間12月6日、AppleはApp Storeの価格設定に関する改定をアプリデベロッパー向けに発表した。

改定は過去最大規模とされており、新たに700の価格帯が用意され、デベロッパーはこれまで以上に高い自由度でアプリの価格を設定できるようになった。

最低価格がこれまでの160円から50円に引き下げられたほか、10円刻みの価格設定が可能になっている。

具体的には、50~2,000円は10円毎で設定できるほか、100~15,000円は100円毎、500~49,800円は500円毎、1000~99,800円は800円刻みに設定できる。

また、開発者からリクエストがあった場合にのみ、最大160万円の高価格帯の価格設定も可能になる。

今回の価格改定により、App Storeの価格は合計87から900に増えることになる。

上記改定は、まず本日から自動更新に対応するサブスクリプションアプリから対応がはじまり、来年春に有料アプリとアプリ内課金で利用できるようになる。

関連記事
App Store Connect、2022年はクリスマス休暇なし。ホリデーシーズン中も新規・アップデート申請が可能
Apple、App Storeのアプリ価格とアプリ内課金を値上げ。最低単位は120円→160円に

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。