App Store、2019年元日の売上が過去最高346億円に ホリデーウィーク全体も過去最高を記録

iPhoneの販売で苦しんでいるAppleだが、iPhoneを拡張するために使われるApp Storeの売上は今年も好調だったようだ。

Appleは現地時間1月3日、2018年末から2019年始におけるApp Storeの売上を発表した。発表によると、昨年末のホリデーウィーク、2019年の元日はともに過去最高の売上を記録したとのこと。

App Storeは引き続き好調 年末年始で1,600億円以上を稼ぐ

2018-2019年末年始におけるApp Storeの売上は今年も好調。2018年12月24日から31日までの売上は12億2000万ドル(約1,300億円)、さらに2019年元日は3億2,200万ドル (約346億円) を売り上げた。これまで、Appleは毎年のように年末年始の売上記録を更新してきたが、今年も無事達成することができたようだ。

  2018年 2019年
ホリデーウィーク
(12/24〜12/31)
8億9000万ドル
(約980億円)
12億2000万ドル
(約1,300億円)
元日 3億ドル
(約330億円)
3億2,200万ドル
(約346億円)

Apple MusicやiCloud、Apple Pay、さらにはApp Storeにおける検索広告事業なども増収しており、Appleのサービス部門の売上増加を牽引している。

ちなみに、今回の年末年始で人気だったアプリカテゴリーはゲームと健康。「フォートナイト」 「PUBG Mobile」 などのバトルロイヤル型ゲームのほか、「モンスターストライク」 や 「Brawl Stars」 といったゲームも人気だったとのことだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。