Apple、アプリの 「ユニバーサル購入」 3月から提供開始 App Storeのカテゴリも整理へ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

2月6日、Appleはデベロッパー向けサイトにおいて、アプリの 「ユニバーサル購入」 を2020年3月から提供開始することを発表した。またApp Storeのカテゴリについても再編を行うことを併せてアナウンスしている。

アプリの 「ユニバーサル購入」 が3月から提供開始

アプリの 「ユニバーサル購入」 はiOS、iPadOS、macOS、tvOSのいずれかのOSで有料アプリを購入すると、そのほかのOSで改めてアプリを購入する必要がなく使えるというもの。iPhone/iPad向けアプリとMacアプリを統一化する 「Mac Catalyst」 の一環で実施される。

まずは本日提供が開始された 「iOS 13.4 beta」 からデベロッパーが利用できるようになり、今年3月には一般ユーザーも利用できるようになるとのこと。ちなみに、このスケジュールから 「iOS 13.4」 は3月にリリースされるということになる。

また、ユニバーサル購入の提供が始まることからApp StoreとMac App Storeのカテゴリの統一化が行われる予定。

具体的にはApp Storeには 「デベロッパーツール」 と 「グラフィック&デザイン」 、Mac App Storeには 「ブック」 「フード&ドリンク」 「雑誌&新聞」 「ナビゲーション」 「ショッピング」 が追加。

さらに、Mac App Storeの 「写真」 「ビデオ」 は 「写真&ビデオ」 に統合され、「子ども」 は 「ゲーム」 カテゴリのサブカテゴリから外れ、独立したカテゴリになるとのことだ。

関連記事
Apple、2020年の学割・教員割引キャンペーン開始。Mac・iPad購入で最大18,000円がギフトカードで還元
「iOS 13.4 beta (17E5223h)」 がリリース。新機能まとめ

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。