『アサシンクリード コードネーム レッド/ヘキサ/ジェイド』新作3本が発表。中世日本も舞台に

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

9月11日、ユービーアイソフトは、新作発表イベント 「Ubisoft Forward」 を配信。同イベントのなかで今後の 「アサシンクリード」 シリーズの展開について明らかにされた。

発表されたタイトルは、『アサシンクリード コードネーム レッド』『アサシンクリード コードネーム ヘキサ』『アサシンクリード コードネーム ジェイド』の3本だ。

『アサシンクリード コードネーム レッド』

本作は、封建時代の日本を舞台にしたオープンワールドRPG。より具体的な中身については語られていないものの、忍者が主人公になるとのこと。また、シリーズの次期フラグシップタイトルとして開発されているとのこと。開発は、『アサシン クリード オデッセイ』の開発を担当したUbisoftケベックが実施する。

『アサシンクリード コードネーム ヘキサ』

本作の舞台は作品性といったところは明らかにされなかったが、暗い森の中で、木の枝で作られたアサシン教団のロゴマークが吊るされていることから、西洋の黒魔術にまつわる話が展開されることが予想される。ちなみにヘキサはドイツ語で 「魔女」 を意味する。

『アサシンクリード コードネーム ジェイド』

本作は、紀元前200年代の中国を舞台にしたモバイル作品。

これらのタイトルの発売時期や価格、プラットフォームなどの詳細は未定となっている。今後の続報に期待したい。

関連記事
『アサシンクリード ミラージュ』2023年発売決定。前作の登場人物 「バシム」 の過去を描く、舞台はイラクのバグダッド

(画像:Ubisoft)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。