特集 「At Home With Apple Music ~うちで過ごそう」 が公開。アーティストがおうち時間の過ごし方を伝授~川谷絵音さんやきゃりーぱみゅぱみゅさんらが登場

5月1日、Apple Japanは同社音楽配信サービス 「Apple Music」 において、新特集 「At Home With Apple Music ~うちで過ごそう」 を公開した。

「At Home With Apple Music 〜うちで過ごそう」 は海外一部地域でリリースされていた特集動画。COVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の感染拡大防止のため、人と人との接触を避ける 「STAY HOME」 が推奨されていることに伴い、アーティストたちに自宅での時間の過ごし方をセルフショットで撮影してもらうという企画のもとで生まれた動画だ。

今回公開された 「At Home With Apple Music ~うちで過ごそう」 はその日本版とも呼べる作品。第1弾は川谷絵音、kZm、きゃりーぱみゅぱみゅ、Creepy Nuts、BIM、緑黄色社会の6アーティスト(敬称略) が参加。ゲーム、音楽鑑賞、料理、トレーニング、ペットなど、それぞれが自宅でどのように過ごしているのかをセルフショットビデオで語っている。このビデオシリーズは第2段、第3段とこれから順次公開予定とのことだ。

ちなみに、この特集ページ「At Home With Apple Music 〜うちで過ごそう〜」には、そのほかにも家の中でモチベーションや集中力、体と心の健康を保つための様々なコンテンツが公開されている。Apple MusicのラジオステーションBeats 1のDJ、ゼイン・ロウらが送る「グループFaceTimeチャット」にはデュア・リパ、CHVRCHES、チャーリー・エックス・シー・エックス、チャーリー・プース、スクリレックス、FKA twigs、ピンク、Marshmello、FINNEAS、Diploなど豪華アーティストが出演。

「アーティスト選曲プレイリスト」 には、ビースティ・ボーイズ、サム・スミス、THE 1975、アッシャー、ハリー・スタイルズ、エルトン・ジョン、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーなど自身の選曲によるプレイリストが公開されている。

ちなみに、Apple Musicの会員でなくともこの動画は視聴できるため、興味のある方はぜひ試聴してみていただきたい。視聴はこちらから

関連記事
Apple、2020年第2四半期(20年1~3月期)決算を発表。増収も純利益は減少
Apple公式サイトで母の日ギフト特集。「母の日に贈るギフトのアイデア」 が公開

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。