au、「Apple Watch Series 6/SE」 「iPad(第8世代)」 9月17日から予約受付 「iPad Air(第4世代)」も10月以降に予約開始へ

9月16日、auは 「Apple Watch Series 6」 「Apple Watch SE」 「iPad Air(第4世代)」 「iPad(第8世代)」 を販売することを発表した。

「Apple Watch Series 6」 「Apple Watch SE」 そして 「iPad(第8世代)」 は9月17日から予約受付が開始され、9月23日に発売となる。

「iPad Air(第4世代)」 については10月以降に予約受付が開始される。予約はau Online Shopもしくはauショップ(Apple Watchは取扱店のみ)で可能だ。

▼ au Online Shopで以下の製品を予約・購入する
Apple Watch Series 6
Apple Watch SE
iPad(第8世代)

auで各新製品の取り扱いが発表

「Apple Watch Series 6」 「Apple Watch SE」 「iPad Air (第4世代)」 「iPad(第8世代)」 は、9月16日に開催されたAppleの新製品発表イベント 「Time flies.」 で発表された新製品。

Apple Watch Series 6/Apple Watch SE

Apple Watch Series 6」 は、より高速な処理が可能なプロセッサ (A13をベースに開発したS6プロセッサ) が内蔵され、先代モデルから約20%高速化。また、新たに血中酸素飽和度が検出できるようになる背面センサーが搭載されるなどの新機能も追加されている。

Apple Watch SE」 は、「Apple Watch Series 6」 と同じデザインを採用しながら、性能と機能を一部落とし、その分価格を抑えたモデル。ただし性能を落としたと言っても、以前からローエンドモデルとして販売されている 「Apple Watch Series 3」 に比べると処理能力は2倍。Apple Watch入門機として最適だ。

auでの販売価格は、Apple Watch Series 6が59,180円から、Apple Watch SEが38,280円からとなっている。モデルによって価格が異なるため、こちらのページから自分の欲しいモデルの価格をチェックしていただきたい。

iPad Air(第3世代)

iPad Air(第4世代)」 は、iPad Airシリーズ最新モデル。シリーズではじめてベゼルレスデザインを採用。さらにUSB-Cポートを搭載するなどプロ向けモデル 「iPad Pro」 に近づく形となった。画面サイズは10.9インチで、上部ボタンにTouch IDを搭載する。

iPad(第8世代)

iPad (第8世代)」 は、廉価版iPadとして販売されていた 「iPad (第7世代)」 の次世代モデル。10.2インチのディスプレイを備えており、8MPの背面カメラと1.2MPの前面カメラを搭載。Smart Connectorにより 「Smart Keyboard」 に対応する。

auでのiPad(第8世代)の販売価格は以下のとおり (いずれも税込) 。

  32GB 128GB
現金販売価格/割賦販売価格 57,600円 68,400円
Netflixプランでタブレット割 -5,500円 -5,500円
実質負担額 52,100円 62,900円
  32GB 128GB
36回分割払い 57,600円
(1,600円×36回)
68,400円
(1,900円×36回)

各モデルの予約はau Online Shop、もしくはauショップ店頭(Apple Watchは取扱店のみ)で可能だ。ちなみに、「watchOS 7」 のファミリー共有設定に対応したウォッチナンバーサービスは9月17日から提供開始される予定だ。

関連記事
iPad 2020 全機種の性能・違いを比較。iPad Pro・iPad Air・iPad mini・無印iPad、あなたにオススメはどのモデル?
Apple、「Apple Watch Series 6」 を正式発表。より高速なプロセッサと血中酸素飽和度の検出が特徴
Apple、「Apple Watch SE」 を発表。S5チップを搭載したエントリーモデル

▼ au Online Shopで以下の製品を予約・購入する
Apple Watch Series 6
Apple Watch SE
iPad(第8世代)
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。