KDDI、SpaceXの衛星ブロードバンド 「Starlink」 と業務提携。まずはauで採用へ

9月13日、KDDIは高速・低遅延の衛星ブロードバンドインターネットを提供する 「Starlink」 を、au基地局のバックホール回線に利用する契約を締結したと発表した。2022年より、全国1,200ヶ所で順次提供を開始するとのこと。

au、SpaceXの衛星ブロードバンド 「Starlink」 と業務提携

Starlinkは、テスラCEOであるイーロン・マスク氏が率いるSpaceXの衛星ブロードバンドサービスだ。

従来の静止軌道衛星と違い、低軌道(高度550km)を周回する衛星と通信システムを構築することで、これまでサービス提供が困難とされていた山間部や島しょ地域など、いわゆる “圏外” 地域において、auの高速通信が可能になる。また、基地局への送電が止まったり混雑しても通信できることから、災害対策としても利用できる。

auにおける衛星ブロードバンドサービスは、2022年より、全国1,200ヶ所で順次提供を開始するとのこと。なお、Starlinkは既に10万人以上のユーザーに対してベータ版サービスを提供していて、現在も世界における人口の多い地域をほぼカバーするように拡大を続けている。

なお、今秋に発売する新型iPhone、「iPhone 13」 は同サービスに対応するとみられている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。