au、「Galaxy Note9」を10月下旬発売へ(2018秋冬モデル)

10月11日、KDDIと沖縄セルラーは2018秋冬モデルを発表。韓国Samsungの新型スマートフォン「Galaxy Note9」を10月下旬に発売することを発表した。

「Galaxy Note9」の主な特徴

  • 従来の「Sペン」にさまざまなアプリのリモートコントロールに対応した「Sペンリモコン」機能を追加
  • au史上最大の4,000mAhバッテリーと128GBの内蔵メモリーを搭載、電池もちやストレージ容量を気にせず思う存分コンテンツを堪能できる
  • F値1.5の明るいレンズを搭載。周囲の明るさに合わせてレンズの絞りを自動調整する「デュアルアパチャー」を搭載することにより、時間帯を気にせずにいつでも美しく撮影が可能。さらに、カメラを向けるだけで花や食事など20種類にわたるシーンを自動で認識するシーン判別機能を搭載。あらゆる場面でシーンに最適な撮影が可能に

「Galaxy Note9」は、6.4インチ有機ELディスプレイ(SuperAMOLED)を搭載した大型スマートフォン。画面解像度は2960×1440。

「Galaxy S9」シリーズと同様に、プロセッサには「Snapdragon 845」が採用。RAM容量は6GB(au版)で、本体ストレージは128GBと512GBの2種類が用意されているが、auでの取り扱いは128GBモデルのみ。ただし、最大512GBの外部ストレージ(microSDXC)に対応しているため、ストレージ容量に困ることはかなり少ないはずだ。バッテリー容量は4,000mAhと、従来モデルから700mAhも増量。これはau史上最大の容量であるとのこと。

搭載されている背面カメラはデュアルレンズ仕様で、奥行きのある写真が撮影できる。AI機能が搭載されており被写体によって自動で最適な撮影シーンに変更してくれる。被写体の瞬きやブレなどを自動で検知することも可能で、それらが起きると再度取り直しができるアラート機能も搭載されている。

また、レンズの絞りが可変(F1.6~2.4)になっているため、暗い場所でも明るい写真が撮影できる。

「Galaxy Note9」の最大の特徴は、新型スタイラス「S-Pen」。Bluetooth LEを内蔵し、「Galaxy Note9」を遠隔で操作できるリモコンとして利用することができる。

利用するシチュエーションは多岐にわたる。例えば、集合写真を撮影する際のリモートシャッターとして活用したり、プレゼンテーションのスライド切り替えに使ったり、ビデオや音楽の再生・一時停止を行ったりと、単なるスタイラスから進化している。

Bluetoothを内蔵することで、S-Penには新たにバッテリーが搭載されることになったが、バッテリーは「Galaxy Note9」本体に差し込むことで自動的に充電される仕組みに。充電時間はわずか40秒となっており、バッテリー切れに困ることはほとんどなさそうだ。

au版の「Galaxy Note9」は、2018年10月下旬に発売予定。ワンセグ・フルセグのほか、おサイフケータイに対応する。カラーラインナップは、ラベンダーパープルとオーシャンブルー、ミッドナイトブラックの3色。

ちなみに、KDDIは「Galaxy Note9」の発売を記念して、「Galaxy Note9」予約キャンペーンを実施する。対象期間中に同製品を予約のうえ購入、対象期間内に応募した方全員に、「身にまとう」新感覚のネックスピーカー「SOUNDGEAR」をプレゼントする。

キャンペーンの実施期間は以下の通り。購入予定の方はぜひ下記のスケジュール内での購入を。

「Galaxy Note9」予約キャンペーン
予約期限 発売日前日まで
購入期間 発売日〜2018年11月28日
応募期間 発売日〜2018年11月30日
商品発送期間 2018年12月下旬以降
対象店舗 auショップ / PiPit / au取扱店 / auオンラインショップ
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。