povo、基本料ゼロ円に値下げした新プラン 「povo 2.0」 発表。トッピングでユーザーごとに合うプラン構築可能

9月13日、KDDIおよび沖縄セルラーは、auのオンラインブランド 「povo」 において、月額基本料をゼロ円に値下げする新料金プラン 「povo 2.0」 を提供すると発表した。

「povo 2.0」 2021年9月下旬から提供開始へ

「povo 2.0」 は、これまで20GB 2,728円(税込)としていた月額基本料を撤廃し、ユーザーに合う月間容量や通話プランを “トッピング” として選択する方式を採用し、自分だけのプランを組めるようにしたものになる。

トッピングは10種類用意されている。月々のデータ容量が1GB/7日間は390円、3GB/30日間は990円、20GB/30日間は2,700円、60GB/90日間は6,490円、150GB/180日間は12,980円、データ使い放題/24時間を330円で提供する。

いずれも容量や期間が異なるが、30日間あたりで計算すると、長期間のトッピングを選択すればするほど、1ヶ月あたりの価格がお得になる料金設定となっている。ただし、「直近1週間だけpovoを使いたい」 など、特定の期間だけ使用するニーズにも応えられる。

そのほか、通話かけ放題などの 「通話トッピング」 や、DAZNやsmash.が一定期間データ使い放題となるトッピングも用意。各ユーザーごとの使い方にあわせて、自由にカスタマイズできるように。

「povo2.0」 では、パートナー企業の店舗・サービスの利用により一定のギガ (データ) が貯まる新しいギガチャージ活動 「#ギガ活」 が2021年9月下旬 (予定) から開始される。

「#ギガ活」 では、日常で利用する店舗でギガを 「もらう」 、街中やバーチャルイベントなどに隠れているギガを 「さがす」 、抽選などでギガが 「あたる」 という3つの取り組みを実施する。例えば 「ローソン」 や 「すき家」 において、au PAYでの支払いで500円以上購入すると300MB (3日間) のデータがもらえるとのことだ。

この 「#ギガ活」 をさらに楽しめる取り組みとして、povoのブランドカラーである黄色いアイテムを探すと、通常よりも多くのギガがもらえる 「FIND povo」 を2021年秋から実施することも案内されている。

「povo2.0」 の開始に伴い、2021年9月13日から 「povo2.0デビューキャンペーン」 も実施。事前エントリーのうえ 「povo2.0」 で対象のデータトッピングを購入したユーザーに、最初に購入したデータ容量に応じて最大20GBのデータをプレゼントするというものだ。詳細についてはこちらのリンクからご確認いただきたい。

現在提供中のpovoの既存料金プランは 「povo1.0」 に名称変更となり、2021年9月下旬 (予定) に新規受付を終了するとのこと。「povo1.0」 は今後も引き続き提供予定だが、「povo2.0」 に変更するには所定の手続きを踏む必要があるとのこと。また、SIMカードやeSIMの変更が必要になるという。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

povo1.0 / povo2.0比較表

ベースプラン
  povo1.0 povo2.0
基本料 2,728円 0円
月間データ容量 20GB 0GB
データ容量が0の場合の通信速度 最大1Mbps 最大128kbps
国内通話料 30秒あたり22円 30秒あたり22円
国内SMS利用料 送信 1通あたり3.3円(70文字まで) 1通あたり3.3円(70文字まで)
受信 無料 無料
契約可能ユーザー 20歳以上の個人 20歳以上の個人
au契約期間 引き継ぎ不可 引き継ぎ不可
支払方法 クレジットカード クレジットカード
トッピング
  povo1.0 povo2.0
データトッピング料 1GB 550円 (31日間) 390円 (7日間)
3GB 990円 (30日間)
20GB 2,700円 (30日間) 
60GB 6,490円 (90日間)
150GB 12,980円 (180日間)
データ使い放題24時間 220円 (24時間) 330円 (24時間)
コンテンツトッピング料 DAZN使い放題 760円 (7日間)
smash.使い放題パック 220円 (24時間)
通話トッピング料 5分以内通話かけ放題 550円 (1ヶ月間) 550円 (1ヶ月間)
通話かけ放題 1,650円 (1ヶ月間) 1,650円 (1ヶ月間)

※表内の金額はいずれも税込

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。