auとUQ mobile間の乗り換え手数料が2021年2月以降に撤廃へ

12月9日、KDDIおよび沖縄セルラーは、同社メインブランド「au」 とサブブランド 「UQ mobile」 間の乗り換え手数料を撤廃することを発表した。

適用は2021年2月以降を予定。契約解除料最大9,500円、番号移行手数料3,000円、新規事務手数料(UQ mobileではSIMパッケージ料金)3,000円を廃止する。

当面はこれらの料金を一度請求するが、翌月以降に移行先ブランドの利用料金から割引を行うことで相殺する。また、上記変更にあわせて 「UQ モバイル→au 番号移行プログラム」 を改定し、「データ MAX 5G」 「データ MAX 4G LTE」 など対象プランに加入する場合、引き続き利用料金から3,020円(12ヶ月)割引くとしている。

また、これらブランド間の以降の手続きは、料金プラン変更と同じようにシンプルなものに変更する予定であるとのこと。こちらは2021年夏以降を予定しており、詳細は今後改めて発表する予定だ。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。