au、Apple Watchのファミリー共有設定が利用できる 「ウォッチナンバー」 提供へ。ナンバーシェアからの移行キャンペーンも発表

9月16日、KDDI(au)はApple Watchのファミリー共有設定が利用できるサービス 「ウォッチナンバー」 を9月17日に提供することを発表した。また、すでにApple Watch向けに提供しているナンバーシェア(月額350円)からの移行がお得になるキャンペーンも同時に実施することもアナウンスしている。

auがファミリー共有設定に対応した 「ウォッチナンバー」 を提供へ

「ウォッチナンバー」 とは、「watchOS 7」 で導入されるApple Watchの新機能 「ファミリー共有設定」 を利用できるようにするモバイルサービスだ。

ファミリー共有設定
お子さんなどiPhoneを持たない家族でもApple Watchを利用できる機能 (家庭内の誰かのiPhoneに紐づける必要あり)。位置情報の取得やアプリの購入管理なども可能なため、お子さんやシニア家族の見守り機能として活用できる。同機能はApple Watch Series 4以降のセルラーモデルで利用可能。

ファミリー共有設定を利用するには、iPhoneを契約している携帯キャリアで専用の通信サービスプランを契約する必要がある。国内ではauが対応プランとして 「ウォッチナンバー」 を提供する。

ナンバーシェア
・Apple Watch単体で音声通話やLTEデータ通信が利用可能
・iPhoneとApple Watchで同じ電話番号を使用

ウォッチナンバー
・Apple Watch単体で音声通話やLTEデータ通信が利用可能
・iPhoneとApple Watchで別々の電話番号を使用
・Apple Watchの 「ファミリー共有設定」 に対応する

ウォッチナンバーは単体で契約することはできず、auでもっとも安いLTEプランとして提供されている 「ピタットプラン 4G LTE」 を契約する必要がある。ただし、同プランを利用するには最低でも月額1,980円がかかってしまうため、Apple Watchだけを利用したいユーザーには少し高額になってしまう。

そこでauは、ナンバーシェアからウォッチナンバーへ移行するユーザーの月額料金1,630円を割り引くキャンペーン 「ナンバーシェアからの移行キャンペーン」 を9月17日から提供し、最安350円でウォッチナンバーを利用できるようにする。

このキャンペーンの対象者はナンバーシェアから 「ピタットプラン 4G LTE」 に移行、かつナンバーシェアを利用していたスマートフォン回線と家族割プラスまたは家族割に加入するユーザー(詳細)で、auスマートバリューや家族割プラスなどの割引制度を活用することで最安350円(1年間)で運用することが可能だ。

クリックで拡大

キャンペーンは2020年9月17日(木)から。auは同サービスについての詳細をホームページで案内予定としているため、詳細が気になる方はauホームページをご覧いただきたい。また今回の発表については、こちらのリンクから確認できる。

ちなみに、ウォッチナンバーを契約したあとでもユーザーはナンバーシェアを契約することが可能。家族だけでなく自分もApple Watchを単体で使いたい場合は別途契約する必要がある。

関連記事
au、「Apple Watch Series 6/SE」 「iPad(第8世代)」 9月17日から予約受付 「iPad Air(第4世代)」も10月以降に予約開始へ
Apple、「Apple Watch Series 6」 を正式発表。より高速なプロセッサと血中酸素飽和度の検出が特徴
Apple、「Apple Watch SE」 を発表。S5チップを搭載したエントリーモデル

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。