KDDI、「auでんき」の詳細を発表!2016年4月から全国展開

au-logo今年から始まる「電力小売り自由化」に伴い、各電力事業主や提携企業は料金プランや割引プランの発表を行っている。

先日Softbankが「ソフトバンクでんき」を発表しているが、KDDIは「auでんき」を2016年4月から提供開始することを正式に発表した!

auケータイと組み合わせるとでんき料金の最大5%のキャッシュバック

KDDI、沖縄セルラーは2016年4月1日から「auでんき」の提供を全国で開始すると発表した。

「auでんき」はauのケータイやスマートフォンを利用しているユーザー向けの電気サービスで、auのケータイ契約と電気契約をセットで行うことで、料金が割り引かれる仕組みだ。

「auでんき」が提供する電気料金プランは2つ。まず一つは家庭向け「でんきMプラン」で現在一般家庭で利用されている従量電灯プランと同等になっており、もう一つは法人向け「でんきLプラン」でオフィスや商店で利用されている従量電灯プランと同等のものになる。

また今回の「auでんき」の開始と同時に、KDDIは「auでんきセット割」を開始することを発表している。

「auでんきセット割」とはauのケータイやスマホを「auでんき」とセットで契約することで、毎月の電気使用料金の最大5%相当額がユーザーにキャッシュバックされるというもの。

audenki2

ユーザーにキャッシュバックされる割合は、電気の使用料金に応じて段階的に高くなり、4,999円までが1%、5,000円~7,999円までが3%、8,000円からは一律5%となっている。

このキャッシュバックは全てauが提供する「au WALLET プリペイドカード」にチャージされ、様々な店舗などで電子マネーとして利用することができる。

「auでんきアプリ」で電気料金を細かくチェックできる

KDDIは今回の「auでんき」の他に、「auでんきアプリ」を発表している。

「auでんき」の契約者は「auでんきアプリ」を利用することで、その日・週・月・年ごとの電気利用料金や電気使用量を確認することができる。

audenki

またあらかじめ電気料金の上限額を設定しておくことで、使いすぎた時に自動的にプッシュ通知してくれるという機能を搭載しているという。

受付開始は2016年1月20日の午前10時から

「auでんき」は月々の電気使用量を安くできるだけではなく、アプリを使うことで自分が使っている電気の使用料金をコントロールすることができるのが特徴だ。

割引は利用料金から直接引かれるわけではなく、キャッシュバックという形ではあるものの、「au WALLET」を使える店舗は非常に多いため「auでんき」は十分に魅力的なサービスだ。

「auでんき」の受付開始は2016年1月20日の午前10時からだ。申し込むにはauショップか公式サイトから可能なので、どちらか利用しやすい方で申し込んでみたらどうだろうか。

[ via KDDI ]

au-logo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう