au、スマホ決済サービス「au Pay」を4月9日から提供開始

4月4日、KDDIは独自のスマホ決済サービス「au Pay」を今月9日から提供開始することを発表した。

「au Pay」は、au(KDDI)が提供する独自のスマホ決済サービス。au WALLETアプリから簡単な操作で開始できる上に、アプリ上に表示されるバーコードやQRコードをPOSレジや各種端末で読み取ることで、対象店舗での買い物・支払いに利用できる。

ローソンやミニストップなどのコンビニエンスストア、ウェルシアやサンドラッグなどのドラッグストア、Joshinやビックカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店、松屋やスシローといった飲食店など様々な店で利用できるようになっており、対象店舗は今後順次拡大予定としている。

「au Pay」 が4月9日から提供開始

「au Pay」 は、利用金額に応じて200円(税込)ごとに1ポイント (0.5%相当)、auスマートパスプレミアム会員のユーザーには200円(税込)ごとに3ポイント(1.5%相当)のau WALLETポイントを還元するため、auユーザーにとってはとてもお得な決済サービスだ。

さらに、2019年4月15日以降順次開催する 「au WALLET ポイント つかえる! たまる! キャンペーン」 期間中は、利用金額の合計最大26.5%の 「au WALLET ポイント」 を還元する。

「au Pay」 の支払いは 「au WALLET 残高」 を利用する。「au WALLET 残高」 へのチャージは、すでに貯まっている 「au WALLETポイント」 や 「auかんたん決済 (通信料金合算支払い)」、クレジットカードからできるようになっている。またauショップやローソン店頭などでもチャージ可能で、ユーザーのニーズに合わせて幅広いチャージ方法を導入する。

さらに、2019年夏以降は「au WALLET 残高」へのチャージ方法も拡充予定だ。全国に2.5万台あるセブン銀行ATMで現金チャージが開始になるほか、「auかんたん決済 (リアルタイムチャージ)」 では、残高不足時にその場で不足額を自動でチャージ可能になるとのこと。

auは 「au Pay」 の加盟店を増やすべく、中小規模の加盟希望店に対し無料で店舗用アプリ 「au PAY for BIZ」 を提供すること、またサービス開始から約2年間(2019年4月9日から2021年7月31日)、「au PAY for BIZ」 を使った取引決済の手数料を0%にするキャンペーンを発表している。詳細は以下のプレスリリースを確認していただきたい。

▶︎ スマホ決済「au PAY」、4月9日より提供開始 (KDDI)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。