au新料金プラン 「povo」 、eSIMに対応。iPhoneとPixel 5で利用可能

3月12日、auは新料金プラン 「povo」 公式サイトを更新し、サービス開始日の3月23日からeSIMに対応することを発表した。

提供開始時点では新規契約とMNP (他社からの乗りかえ) のみ利用可能で、auからpovoに移行するユーザーに関しては2021年夏以降に利用できるようになる予定とのこと。

「povo」 iPhoneとPixel 5でeSIMに対応

eSIMに対応する機種は、現時点ではiPhone XS/XR以降のiPhoneシリーズとGoogle Pixel 5のみが発表されている。

  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • Google Pixel 5

上記に加えて 「povo」 で利用できるサービスについても追加のアナウンスがあった。

「+メッセージ」 「あんしんフィルター for au」 に加えて、「かえトクプログラム」 「アップグレードプログラムNX」 「アップグレードプログラムDX」 「アップグレードプログラムEX」 「アップグレードプログラム」 はpovoへの移行後も継続して利用できる。

また、「かえトクプログラム」 や各種 「アップグレードプログラム」 の特典は、「アップグレードプログラムNX」 を除いて2021年夏以降に利用できるようになるとのこと。

新料金プラン 「povo」 は3月23日から提供開始予定。各種割引の適用や利用できるサービスについては公式ページから最新情報が確認可能だ。

関連記事
au 「povo」 対応機種は全189機種。SIMフリースマホやiPhone 6sやiPhone 7などの旧機種も追加へ
auの新料金 「povo」 3月23日に提供開始。夏までに契約で 「家族割プラス」 カウント対象に

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。