AIボイスレコーダー 「オートメモ」、アプリで録音できる新機能。文字起こしも利用可能

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月29日、ソースネクストは、同社AIボイスレコーダー 「オートメモ」 の専用iOS/Androidアプリのアップデートを実施。アプリのみで音声録音できる機能を追加した。

「オートメモ」 アプリは、AIボイスレコーダー 「オートメモ (AutoMemo)」 シリーズ専用に開発されたアプリケーション。専用端末 「オートメモ」 「オートメモS」 と連携することで、端末が録音したテキストデータを再生・確認できた。今回のアップデートによって、これまで専用端末を必須としていた録音機能が、これからはスマートフォンのマイクを使い、アプリ単体で音声録音とAIによるテキスト化ができるようになる。

「オートメモ」 とは
「オートメモ (AutoMemo)」 シリーズは、録音した音声を自動で文字起こししてくれるAIボイスレコーダー。録音データは、Wi-Fiでクラウド保存することが可能で、保存件数や期間には制限はない。また、キーワード検索もできるため、過去の録音データの中からもう1度聞きたいデータを探すことが可能。文字化された録音内容や、録音データを指定したメールアドレスにも送付できる。「オートメモ」 「オートメモS」 の2機種が投入されており、うち 「AutoMemo S」 は今年1月に発売したコンパクト・軽量モデル。

なお、「オートメモ」 の音声データのクラウドへのアップロードは、専用端末の場合はWi-Fiのみで可能だったが、「オートメモ」 アプリではモバイル通信回線を利用してもアップロードが可能。

テキスト化については2つの料金プランが用意されている。毎月1時間までの録音データをテキスト化できるベーシックプラン、毎月30時間までの録音データをテキスト化できるプレミアムプラン。

料金体系

  • 1時間:無料
  • 30時間:980円
  • 10時間チャージ:1,480円
  • 100時間チャージ:14,000円

さらに、一回のチャージで10時間分あるいは100時間分の録音データを文字起こしできる 「10時間チャージ」 「100時間チャージ」 も用意されている。ちなみに、余った利用時間については翌月以降に繰り越すことが可能だ。

▼ 「オートメモ」 アプリをダウンロード
iOS版 (App Store)
Android版 (Google Play)

(画像提供:ソースネクスト)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。