どこでもMy Mac、2019年7月1日でサービス終了へ すべてのmacOSで利用不可に

インターネット経由で他のMacに接続できる 「どこでもMy Mac」 機能が、昨年リリースされた 「macOS Mojave 10.14」 で利用できなくなっていたが、今年7月からは旧OSを含むすべてのmacOSで同サービスが利用できなくなることが判明した。

Appleは、2019年7月1日をもって「どこでもMy Mac」 のサービス提供を終了することをサポートページで発表した。

「どこでもMy Mac」 のサービスが2019年7月1日で終了

「どこでもMy Mac」 はiCloudの一機能で、離れた場所にあるMacからファイルやフォルダを自分のMacに持ってきたり、遠隔操作することができる機能。

同機能は昨年の時点で 「macOS Mojave 10.14」 以降のバージョンで利用できなくなることがアナウンスされており、iCloud Driveや画面共有機能、Apple Remote Desktopで代替するよう案内されていたが、まだ 「macOS Mojave 10.14」 以前のmacOSを使うことで利用を継続することができていた。しかし、今回のAppleの発表により、今年7月からはいよいよ全macOSで 「どこでもMy Mac」 機能が使えなくなってしまうことが確定したことになる。

前述したとおり、「どこでもMy Mac」 の機能は他の機能で代替可能。詳しい代替方法についてはこちらのサポートページで案内されているため、同機能を利用している方は早めに内容を確認しておくようにしよう。

【関連記事】macOS Mojaveでは「どこでもMy Mac」が利用不可に 代替機能がサポートページで案内

オススメ記事
【徹底レビュー】MacBook Pro 2019 13インチ:性能向上とキーボードの改良でいよいよ完成体に。2018年モデルとの比較も
Powerbeats Pro レビュー|AirPodsを上回る音質。最高の装着感と高い防水性能が大きな魅力

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。