Apple、学生・教職員向けキャンペーン「Back to University」 豪・NZなどで開始。Mac・iPad購入でAirPodsが無料に

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間1月5日、Appleは毎年恒例の学生・教職員向けキャンペーン 「Back to University」 をオーストラリア、ニュージーランドなど一部地域で開始した。

この 「Back to University」 は、学生や教職員の方がMacを購入すると、無料で 「AirPods(第2世代)」 をもらえるというもの。また、追加で費用を払うことで 「AirPods(第3世代)」 あるいは 「AirPods Pro」 に変えることも可能だ。

対象製品は、MacBook Pro、MacBook Air、iMac、Mac mini、Mac Pro。iPadはiPad ProとiPad Airが対象だ。

もともとAppleは、学生・教員向けに少し安い価格でApple製品を提供しているが、それと今回の 「Back to University」 を組み合わせるとMacやiPadをお得に購入できる。iPhoneの下取りが可能であれば、もっとお得にMac・iPadを購入できるはずだ。

キャンペーン実施地域は、オーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、韓国の4カ国。残念ながら日本では同様のキャンペーンは実施されていないが、もしこれらの国に在住の方は利用してみてはどうだろうか。

ちなみに、日本では毎年2~3月頃に学生向けキャンペーン 「新学期を始めよう」 が開催され、昨年はMacやiPadを購入で最大18,000円のギフトカードが還元されていた。

関連記事
MacBook Air レビュー (M1, 2020) 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように
MacBook Pro 2021 レビュー (14インチ, M1 Pro) | まさにモンスター、真のプロのためのラップトップ決定版
24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。