明日、新型iPhone発売!機種変更前に必ずやるべきことをまとめた!

いよいよ明日(25日)がiPhone 6s / 6s Plusの発売日。
今は旧機種の下取り制度も充実しており、今使っているiPhoneを手放して新しい機種に変える人も多いと思う。そこで、機種変更をする時の手順について詳しくまとめてみた!

iPhone6s

基本的に機種変更前にすること。
やるべきことは一つ、データのバックアップ、これだけだ

データの引き継ぎには
1、iCloudを使ってバックアップをとる
2、iTunesでバックアップをとる
この2つの方法がある。

 

【方法1】

iCloudでバックアップを取る方法。
この作業はまず、iPhoneをWi-Fiに接続した状態で行う。
「設定」アプリ→「iCloud」→「バックアップ」→「iCloudバックアップ」を右にスライド→「今すぐバックアップを作成」
これで「前回のバックアップ」がバックアップをとった日時になればOK!

backup-to-icloud

自動的にバックアップを取ることも可能!
・iPhoneが電源に接続されている
・iPhoneがロックされている
・Wi-Fiに接続されている
・iCloudに十分や空き容量がある
これらの条件を満たしている場合は、自動でバックアップを取ることが可能だ。

この方法で注意してほしいのは、iPhoneに保存されているデータ容量がiCloudの空き容量よりも多い場合、バックアップがとることができないこと。容量が足りなくてiCloudでバックアップをとれない場合は、「iCloudのデータ容量を追加で買う」「バックアップをとるデータを減らす」「PCでバックアップを取る」のどれかを選択しよう!

バックアップするデータを減らす方法
空き容量が足りない場合は、バックアップを取るデータを減らしてデータ量を調整することができる。方法は「設定」アプリ→「iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」で、使っているデバイスを選択しよう。「バックアップオプション」で、不要なアプリをオフにしよう。

 

【方法2】

iTunesでバックアップをとる方法。
PCでiTunesを起動して、iPhoneをPCにUSB接続する。
そして、iTunes上でiPhoneの設定画面を開く(iTunesで最新版であれば、接続すると画面上にiPhoneのマークが出る)。
そうするとiTunesでのiPhoneの設定画面には「バックアップ」という項目があるはずだ。

Windowsでバックアップ

そこで、「このコンピュータ」を選択し、次に「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れよう。
暗号化することでデータの保護やiPhoneに入力されたパスワードなども保護をすることができる。暗号化するためにパスワード入力が求められるため入力しよう(注意:パスワードを忘れると復元できなくなるので絶対忘れないか、紙などに書いておこう!)。
これらが終わるとバックアップが始まる。
そして、iPhoneをiTunesで一度同期をして、バックアップが最新の日時になるかを確認しよう。それでもバックアップが行われない時は、「今すぐバックアップ」を選択してバックアップを作ろう。

 

【方法1と方法2ではバックアップができるものに違いが!】

方法別でバックアップができるものを以下記載しておくので参考にしてほしい。

iCloudでバックアップを取る場合
写真やビデオ
デバイス設定
アプリのデータ
ホーム画面のアプリ配置
メッセージ
着信音
ビジュアル・ボイスメール

iTunesでバックアップを取る場合
連絡先・よく使う連絡先
アプリのデータ(アプリ自体と一部のデータは保存されません)
アプリの設定・環境設定・書類などのデータ
ウェブページに自動入力する内容
カレンダーのアカウント
カレンダーに登録している予定
通話履歴
カメラロールの写真・ビデオ
Game Center のアカウント
ホーム画面のアプリの配置
アプリ内で購入したもの
メールアカウント・Wi-Fi・ウェブサイト・アプリのパスワード
位置情報の使用を許可したアプリ・ウェブサイト
メールアカウント(メールそのものはバックアップされません)
インストールされているプロファイル(別のデバイスには復元できません)
マップアプリのブックマーク・検索履歴
Microsoft Exchange のアカウント設定
ネットワーク設定
Nike+iPod のワークアウトと設定
オフラインのウェブアプリのキャッシュ・データベース
登録されている Bluetooth デバイス
Safari のブックマーク・Cookie・履歴・オフラインデータ・現在開いているページ
保存されている変換候補
iMessage・SMS・MMS のメッセージ
ボイスメモ
壁紙
ウェブクリップ

via APP BANK

これを見るとバックアップが取れるものの種類がかなり違うことがわかる。iCloudは便利だが、重要なデータやiCloudでできないバックアップがある場合は、iTunesでバックアップを取ることをお勧めする!

 

【忘れないで!】LINEの引き継ぎは大丈夫!?

もはや生活必需品とも言えるLINE。このバックアップがとれないんじゃ意味がない!って人も多いんじゃない?

大丈夫。LINEはアカウントやトーク履歴も引き継げる!

方法は「方法2」で書いた「暗号化されたバックアップをとる」こと。 ちなみにLINEの公式でも新しいiPhoneに移行する際はiTunesに暗号化されたバックアップをとることでできるとしている。

バックアップボタン
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう