バルミューダのスマホ 「BALUMUDA Phone」 正式発表。曲線のみで構成された5G小型スマホ、11月17日から予約開始

11月16日、キッチン製品などで有名なバルミューダは、同社開発の新型5Gスマートフォン 「BALUMUDA Phone」 を発表した。

ソフトバンク、バルミューダのブランドショップにて11月26日に発売予定。予約は11月17日(水)午前10時より実施される。なお、バルミューダのブランドショップにおけるSIMフリー版の販売価格は104,800円(税込)。

▼ BALMUDA Phoneを各ストアで予約・購入する
バルミューダ公式オンラインストア
ソフトバンクオンラインショップ

「BALMUDA Phone」 11月26日発売、予約開始は11月17日から

「BALUMUDA Phone」 は、4.9インチのフルHD液晶(1920×1080ドット) を搭載したコンパクト5Gスマートフォン。日常的に使うデバイスということを考慮して、手に馴染むよう曲線のみで構成されたスマートフォンになっているとのこと。

本体サイズは約69mmx123mmx13.7mm、重量は138g。バッテリー容量は2,500mAh。

バルミューダは最近のスマートフォンの傾向として、画一的になり過ぎていること、大きくなり過ぎていると指摘。普段から触るスマートフォンはもっと使いやすくあるべきと考え、「BALUMUDA Phone」 を開発したとのこと。

ディスプレイサイズについては最良のサイズを求めた結果。4.9インチに落ち着いたという。本来は4.8インチが最も最適だったというが、各部品をすべて入れるにはどうしても4.9インチにする必要があったことから、最終的に4.9インチに落ち着いたという。

内蔵CPUはQualcommのSnapdragon 765、内蔵メモリ(RAM)は6GB、内蔵ストレージは128GBとなっている。

背面カメラは約4,800万画素(最大記録画素数1,200万画素/F値1.8)のシングル仕様。前面カメラは約800万画素(F値2.0)。

背面にはワイヤレス充電機能が搭載されており、ワイヤレス充電器の上に置くだけで充電することが可能だ。底面にはUSB PD3.0に対応したType-Cポートが搭載されている。

搭載OSは、Android 11。Wi-FiはIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応し、モバイルネットワークは5Gにも対応する。おサイフケータイも利用可能だ。

独自アプリが同梱されており、計算機やスケジューラ、メモ、時計など、日常の生活が便利になるよう工夫されているとのこと。

「BALUMUDA Phone」 は、京セラが製造を手掛け、販売はバルミューダのブランドショップのほか、国内キャリアではソフトバンクが独占で行う。発売は11月26日を予定、予約は11月17日(水)午前10時より実施される。

バルミューダのブランドショップにおけるSIMフリー版の販売価格は104,800円(税込)。

なお、2021年12月31日までに 「BALMUDA Phone」 をソフトバンクで購入し、2022年1月9日までに専用ページから応募した方に、バルミューダ公式オンラインストアで使える10%オフクーポンを配布するキャンペーンを実施するとのことだ。

▼ BALMUDA Phoneを各ストアで予約・購入する
バルミューダ公式オンラインストア
ソフトバンクオンラインショップ

SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。