バルミューダ、スマホ事業に参入。2021年11月以降に発売、国内キャリアではソフトバンク独占

5月13日、バルミューダはスマートフォン開発及び販売事業に参入することを発表した。

2021年11月以降に第1弾となるスマートフォンを販売する予定となっており、国内通信事業者としてはソフトバンクのみでの取扱いになるという。また、同時にSIMフリーモデルの販売も計画している。

バルミューダ、スマートフォン開発及び販売事業に参入

バルミューダはデザイン家電ブランドとして有名で、トースターやオーブンレンジ、電気ケトルや空気清浄機など多数の家電を手掛けている。バルミューダは自社で工場をもたないファブレスメーカーであることから、スマートフォンの製造は京セラが担当するとのこと。

バルミューダは今回のスマホ事業への参入発表にあわせて、「これまで家電事業において培った経験と実績を基に、コモディティ化が進んでいる携帯端末市場においても、バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案していきたいと考え、当社として新たなジャンルとなる本事業へ参入するものです。」 とコメントしている。どんなスマートフォンが登場するのか、注目が集まる。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
ソフトバンク、iPad Pro(2021)の販売価格を発表。セルラーモデルは最安120,240円から

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。