iPhoneの性能抑制問題、バッテリーが劣化していなくても安くバッテリー交換できる模様

対象のiPhoneを持っているなら、バッテリーが劣化していなかったとしても、全てのユーザーがバッテリーの交換を行うことができるようだ。

Appleは、昨年末から劣化したバッテリーを搭載した、古いiPhoneの性能を意図的に抑制していると批判されており、謝罪とともにバッテリーの交換費用を大幅に値下げすることを発表。米国では同サービスがすでにスタートしており、日本でもまもなく提供開始されるとみられている。

本来であれば、同サービスはバッテリーが劣化した端末のみ、バッテリー交換を行うことが可能(診断テストで80%以下の性能になった時のみ)と案内されていたのだが、iGenerationによると、AppleのGenius Barのスタッフは、バッテリー診断テストで問題がないと判断されても、ユーザーが交換を希望する場合は交換対応に応じるように、Appleから指示されていることが判明。実質、全てのユーザーが同サービスを受けることが可能だという。

上記はバッテリー診断テストを行った時のスクリーンショット。緑色と赤色、黄色の3種類のゾーンが用意されており、診断結果が緑色のゾーンに入った場合は「合格(Passed)」、黄色のゾーンの場合は「劣化(Consumed)」、そして赤色のゾーンの場合は「失敗(Failed)」に該当。本来のバッテリー交換対応は、この黄色と赤色のゾーンに入った時に実施することになっているが、実際は緑色のゾーンに入っていてもバッテリー交換をすることが可能だったという。

ちなみに、同サービスは前述の通り米国ではスタートしているが、日本ではまだ提供開始されておらず、近日中に詳細が発表されることが案内されている。

現在判明している情報としては、バッテリー交換費用は正規価格は8,800円だが、値下げ後の価格は3,200円とお手頃。そして、バッテリーを交換できる期間は2018年1月から2018年12月までで、対象のiPhoneは以下の通り。

今は性能が低下していなくても、使っているうちにバッテリーは必ず劣化する。もし対象のiPhoneを持っているようだったら、年内にバッテリー交換をしてもらってはどうだろうか。

  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone SE
▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。