Beats、新型ワイヤレスイヤホン 「Beats Flex」 発表。BeatsXの後継機、最大12時間の再生が可能

現地時間10月13日、Appleは新製品発表イベント 「Hi, Speed.」 を開催。同イベントと同時に、Beatsは新型ワイヤレスイヤホン 「Beats Flex」 を発表し、Apple公式サイトで販売を開始した。価格は5,400円(税別)だ。

BeatsXの後継モデル 「Beats Flex」 が発表

Beats Flex」 は、同社のワイヤレスイヤホン 「BeatsX」 の実質的後継モデル。BeatsXと同じくW1チップを搭載しているが、バッテリー持ちについては大きく改善されている。

「Beats Flex」 は最大12時間の音楽再生が可能。先代モデルは8時間の連続再生に対応していたため、バッテリー駆動時間は1.5倍に伸びたことになる。

また、急速充電機能 「Fast Fuel」 にも対応しており、10分間の充電で1.5時間の駆動が可能。ただしBeatsXのときは5分で2時間の再生ができたため、この点は少し弱くなったとも言えるかもしれない。ちなみに充電はUSB Type-Cで行う形式。

「Beats Flex」 の価格は5,400円(税別)。先代のBeatsXが9,800円(税別)だったことから、半額近くまで値段が下がったことになる。

カラーラインナップは、フレイムブルー、Beatsブラック、スモークグレイ、ユズイエローの4色。このうちフレイムブルーとスモークグレイは今年冬に発売予定。Beatsブラックとユズイエローは今月21日に出荷が開始される予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。