Beats、ワイヤレスヘッドホン 「Beats Studio3 Wireless」 にNBA Collectionを投入

現地時間12月14日、Apple傘下のオーディオブランドBeatsは、同社のワイヤレスヘッドホン 「Beats Studio3 Wireless」 に 「Beats NBA Collection」 という新モデルを追加することを発表した。

この製品は、北米のプロバスケットボールリーグ 「NBA」 とのコラボレーションで実現したモデル。昨年9月にBeatsとNBAはパートナーシップを提携しており、その当時予告されていたコラボ商品がまもなく発売されようとしている。

Beats Studio3 Wirelessに新モデル 「NBA Collection」 が登場

同コラボによって誕生するモデルは全部で6種類。ゴールデンステート・ウォリアーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ヒューストン・ロケッツ、トロント・ラプターズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ボストン・セルティックスのチームカラーが本体に使用されている。

価格は従来モデルと変わらず349ドル。日本で販売されるかどうかは不明だが、もし販売されるなら現行モデルと同じ34,800円(税別)に設定されるだろう。

Beats Studio3 Wireless」 はオーバーイヤー型のワイヤレスヘッドホン。周囲の雑音をカットして快適に音楽が聴ける 「ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)」 機能に対応しており、飛行機内などうるさい環境でも快適に音楽を聴くことができる。ノイズキャンセリング機能はかなり強力なため、周囲の音が気になる場所で作業するにはうってつけの製品だ。

ちなみに、BeatsはNBAの他にも著名スポーツチームや選手とパートナー契約を結び、Beats製品の供給や広告バナーを出すことでブランドイメージを向上させてきた。最も有名な例は英プレミアリーグの強豪 「チェルシー」 との契約締結。Beatsはチェルシーの選手に対してBeats製品を供給。さらに、プレミアリーグにおけるホーム試合ではBeatsの広告が流されるなど、メディアへの露出機会を増やしている。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。