「Beats Pill+ ポータブルスピーカー」 が販売終了。2016年に発売したBluetoothスピーカー

現地時間1月10日、Apple傘下のオーディオブランド 「Beats by Dre. Dre」 は、同社Bluetoothスピーカー 「Beats Pill+ ポータブルスピーカー」 の販売を終了した。Apple公式サイトから製品ページを削除しており、購入することができなくなっている。

「Beats Pill+ ポータブルスピーカー」 は、2016年1月に発売したBeatsのBluetoothスピーカー。先代モデル 「Beats Phile」 の製品特徴を継承しつつ、細部の部分をアップグレード。ツイーターとウーファーで構成された2ウェイユニットで、ダイナミックなサウンド音響を実現した。

さらに、2台の 「Beats Pill+」 を同期することでステレオ再生させることも可能などの多機能ぶりで、愛用するユーザーも多かった。発売当時の価格は28,800(税込)で、販売終了直前には20,680円(税込)で販売されていた。

Apple公式サイトではすでに購入することができなくなっているが、Amazon.co.jpなどではまだ購入することが可能。Amazon.co.jpにおける販売価格は15,691円(税込/2022年1月11日3:00時点)。本製品を入手しておきたい方は、販売終了になる前に購入しておくと良いのではないだろうか。

なお、Beatsは昨年11月に 「Powerbeats」 「Beats Solo Pro」 「Beats EP」 の販売を終了したばかり。今回の 「Beats Pill+ ポータブルスピーカー」 ディスコンによって、残る製品は6製品となっている。

Beats by Dr. Dreの製品ラインナップ (2022年1月11日時点)

(via 9to5Mac)

Beats、Beats by Dr. Dreおよび 「b」 のロゴは、Appleの子会社であるBeatsの商標、サービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。