Beats、新型ワイヤレスヘッドホン 「Beats Solo Pro」 発表 ANC機能、H1チップ搭載。Hey Siriやオーディオ共有機能に対応

10月15日、Apple傘下のオーディオブランドBeatsは、新型ワイヤレスヘッドホン 「Beats Solo Pro」 を発表した。価格は299.95ドル、米国では本日から予約受付が開始されており、10月30日に発売予定だ。

追記 (2019/10/16 6:00)

日本のApple公式サイトでも予約受付が開始されています。価格は29,800円(税別)、発売日は米国と同じく10月30日です。予約はこちらからどうぞ。

新型ワイヤレスヘッドホン 「Beats Solo Pro」 が発表

Beats Solo Proは、先代モデルとなったオーバーイヤー型ヘッドホン 「Beats Solo」 のデザインを維持しつつ、「Beats Studio 3 Wireless ヘッドホン」 のデザインを取り入れるなど一部リデザインが行われている。

Beats Solo Proにはピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)機能が搭載されており、外の音をある程度シャットアウトすることが可能だ。また、周囲の音を聴きたくなった時はトランスペアレンシー機能を有効にすることで、内蔵マイクを使って環境音を取り入れることも可能だ。

本製品に搭載されたチップは、AirPodsやPowerbeats Proに搭載されたものと同じH1チップ。Hey Siriに対応し、「iOS 13」 の新機能であるオーディオ共有機能も利用可能だ。

バッテリー持ちは最大40時間。アクティブノイズキャンセリング機能もしくはトランスペアレンシー機能を利用する場合は最大22時間のバッテリー駆動が可能だという。ちなみに、充電はLightningケーブルを利用する。10分間の充電で最大3時間の再生ができるようになる、急速充電機能も引き続き利用可能だ。

カラーラインナップはブラック・アイボリー・グレー・ダークブルー・ライトブルー・レッドの全6色を展開予定。

Beats Solo Proは、本日からApple公式サイトで予約受付が開始。発売は10月30日を予定している。

追記 (2019/10/16 6:00)

日本のApple公式サイトでも予約受付が開始されています。価格は29,800円(税別)、発売日は米国と同じく10月30日です。予約はこちらからどうぞ。

関連記事
Powerbeats Pro レビュー|AirPodsを上回る音質。最高の装着感と高い防水性能が大きな魅力
iOS 13、オーディオシェアリングがAirPods・Powerbeats Pro以外のBeats製品でも利用可能に H1およびW1チップ搭載モデルに限り

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。