ベルキン、合計最大30Wの充電器3モデルを3月20日より順次発売 細長デザインで間隔の狭いコンセントでも利用可能

ベルキン株式会社は、同社が販売している急速充電器シリーズ 「BOOST↑CHARGE USB 充電器」 に新たに3モデルを追加することを発表した。

新モデルは最大30W出力が可能でUSB-PDに対応しているほか、細長デザインで間隔の狭いコンセントにも差し込めるようになっているのが特徴。3月20日から全国の家電量販店やAmazonなどで順次発売される予定だ。

細長デザインで限られたスペースを有効活用できるUSB-C充電器

今回発表された新製品は以下の3モデル。

①BOOST↑CHARGE USB充電器 (18W USB-C、ケーブル付き)
②BOOST↑CHARGE USB充電器 (18W USB-C + 12W USB-A、ケーブル付き)
③BOOST↑CHARGE USB充電器 (18W USB-C + 12W USB-A)

今回の充電器の最大の特徴は細長デザインが採用されていること。このデザインにより、家具の後ろのコンセントや左右との間隔が狭いマルチタップなどにも差し込むことができ、限られたスペースを有効活用できる。

いずれのモデルもUSB-Cポートは最大18WのUSB-PDに対応しており、わずか30分でiPhoneを0%から50%まで充電することができる。もしPD対応ケーブルを持っていない場合は、充電ケーブル(長さ1.2m)が付属したモデルを購入するのがオススメだ。

2ポートモデル(②と③の充電器)は、USB-CポートのほかにUSB-Aポートも搭載されており、最大12Wで端末を充電することが可能。USB-Cポートと両方同時に充電することができるようになっており、2ポート合計の最大出力は30Wだ。

各モデルの発売日はUSB-Cポート単体モデルが3月20日、2ポートモデルが4月以降を予定している。価格はUSB-Cポート単体モデルが4,527円、2ポートモデルが5,164円、そして2ポートモデルの充電ケーブルが同梱されないモデルが3,618円となっている (いずれも税別) 。

USB-Cポート単体モデルに関しては、すでにAmazonで予約受付が開始されているので、購入したい方は早速予約を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。