Belkinのサブブランド 「Playa (プラヤ)」 が日本上陸。充電ケーブル10種、ワイヤレス充電器2種が発売へ

10月6日、ベルキン株式会社は傘下ブランド 「Belkin」 のサブブランド 「Playa(プラヤ)」 が日本上陸をすることを発表。同ブランドから充電ケーブル10種、ワイヤレス充電器2種を発売することをアナウンスした。

販売は10月9日(金)からAmazonでのみ行われ、本日から順次予約受付が開始されている。

Belkinサブブランド 「Playa」 の製品が日本でも販売開始へ

ケーブルは、iPhone向けのライトニングケーブルと、Android スマートフォン向けのType-Cケーブルを中心に展開する。素材はナイロン編込とPETの2種類で、カラーバリエーションはブラック、ホワイト、コーラルの最大3色展開。長さは1m、2m、3mの最大3サイズ展開となっている。

本製品の特徴はより頑丈であること。一体型のストレインリリーフ部は1万回の60°折り曲げテスト、スマートフォンの充電端子との1万回の挿し抜きテストを実施しているという。

ワイヤレス充電器は最大10W出力に対応しており、充電デバイスに応じて最適な電力を提供する。充電器の形状はパッドとスタンドの2種類、カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色展開となっている。

表面に滑りにくい素材を施し、充電中も安定したグリップで操作できるほか、LED ライトの色で充電の正常や異常を知らせる機能もついている。

これらの新製品は、以下のリンクから順次購入可能となる予定。発売は10月9日(金)からで、すでに予約購入が可能になっている製品も複数あるため、欲しい製品がある方はリンク先をチェックしていただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。