ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ、IBM株を9割強売却してApple株を買い増し

WarrenBuffett

投資の神様とも呼ばれるウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが、IBM株を手放しApple株を買い増していたことがわかった。

バークシャー・ハサウェイは現地時間14日、米証券取引委員会に昨年12月時点の保有有価証券報告書を提出した。

その報告書によると、同社は保有していたIBM株約8100万株のうち94.5%を売却。バークシャーは2011年にIBM株を100億ドル分購入し、ウォール街を賑わせたが、その大半を売却したことになる。現在の保有数は205万株まで減少している。

そして、新たに購入したのがApple株。同社は2016年にApple株を購入し、またもやウォール街を騒然とさせたが、その後も買い増しを行なっている。そして今回も追加で3124万株を購入しており、以前の23.3%増となる1億6530万株を保有している状態に。

ウォーレン・バフェット氏はテクノロジー株を好んでいなかったが、最近は嗜好の変化が報じられている。もしくはApple株への投資はバフェット氏本人の決断ではないとの見方も。

ただ、その投資行動は間違ってはいなさそうだ。実際、バークシャー・ハサウェイが購入後、Apple株は上昇を続けてきた。

Appleは、iPhoneの販売不振が定期的に伝えられているが、毎回の決算発表では前年同期比でプラスとなっている。さらにはiPhone以外の製品やサービスでも好調を維持しており、過去何度も歴代最高の売上を計上している。

ちなみに、バークシャー・ハサウェイはApple株の買い増しの他にも、新たに後発医薬品の最大手テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズの株を新たに1887万株購入している。他にも、バンク・オブ・ニューヨーク・メロンなどの銀行株についても買い増しを行なっている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via CNBC ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。