トリニティ、「BESPER」 ブランドからiPhone 14シリーズ対応ケース/保護ガラス発売

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

トリニティは同社オリジナルブランド 「BESPER (ベスパー)」 から、iPhone 14シリーズ用アクセサリとして、保護ケースと画面保護ガラス、レンズ保護ガラスを発売する。

サウンドホーン搭載ハイブリッドケース

米国国防総省調達基準 「MIL-STD-810G」 の耐落下試験をクリアした衝撃吸収性能に加えて、ゲームプレイ時などiPhoneを横持ちにしたときにスピーカーを塞いでしまわないよう、サウンドホーンを搭載したユニークなクリアケース。

背面には特殊加工を施したウルトラファインアクリルが採用されており、一般的なハードコート処理済みケースと比べて約2.5倍硬く、表面高度5Hで擦り傷に強いという特長がある。

側面はしなやかなTPU素材を採用。強度が高く軽量化できるハニカムコア構造と、四隅のダンパーホールで約3.5mの高さから落としても耐えられる衝撃吸収性能を持つ。

本製品の最も大きな特長が 「サウンドホーン」 が搭載されていること。ゲームプレイ時など端末を横向きに持ったときに塞いでしまいがちなスピーカー部分の出口を画面側に設計することで、音が正面側に飛んでくるようになる。

カラーはブラック・ネイビー2色展開で、販売価格は1,780円(税込)。対応機種は、iPhone 13/14、iPhone 14 Plus/iPhone 14 Pro。

▼ 「サウンドホーン搭載ハイブリッドケース」 を購入する
Amazon.co.jp
楽天市場
Yahoo!ショッピング

フルクリア Dinorex 高光沢 画面保護強化ガラス

端をなめらかに加工し、端末との一体感を重視した全面保護のガラスプロテクター。本製品は画質そのままの高透明タイプだ。

主な特長としては、業界初となる日本電気硝子社製のDinorexをスマートフォン保護ガラスに業界で初めて採用したこと。同ガラス素材はサイネージやスマートフォン本体などに多く使われているもので、歪みが少なく衝撃に強い、透明度の高いガラス素材であるとのこと。

表面硬度は10Hで傷などから画面を徹底的にガード。カッターの刃でも傷がつかないほどの硬度なので、ポケットやカバンに入れての持ち運びも安心だ。

また、吸着面には特殊加工が施されており、微細なホコリくらいなら巻き込むことで気泡を発生させずに貼り付けられる 「バブルレス」 仕様になっているのも嬉しいポイントと言えるだろう。

販売価格は2,280円(税込)。対応機種はiPhone 14/13やiPhone 14 Pro。

▼ 「フルクリア Dinorex 高光沢 画面保護強化ガラス」 を購入する
Amazon.co.jp
楽天市場
Yahoo!ショッピング

スーパークリア レンズ保護ガラス

iPhoneのカメラ部分をレンズとカメラユニットごと一緒に守ることができるカメラレンズ保護ガラス。

カメラの上にケースなどをかぶせてしまうと、反射などによって写真が正しく撮影できなくなることがあるが、本製品はアンチリフレクション加工によって96%という高い透過率になっているため、写真の撮影に支障をきたすことなく、カメラユニットを傷や汚れから守ることができる。

表面硬度は10Hで、特に擦り傷に対して強い耐性があるという。また、フラッシュの写り込みを防ぐフレームが他社製品と比較して細くなっているため、見た目の違和感も少なく自然な印象で装着できるとのこと。

価格は1,280円(税込)。対応機種はiPhone 14・iPhone 14 Plus・iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Max。

▼ 「スーパークリア レンズ保護ガラス」 を購入する
Amazon.co.jp
楽天市場
Yahoo!ショッピング

BESPERブランドはオンライン限定のブランドとなっていて、購入はAmazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングから可能だ。各ストアのリンクは以下。

▼ 「BESPER」 ブランド TOPページ
Amazon.co.jp
楽天市場
Yahoo!ショッピング

(画像:トリニティ)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。