イタリアの仮想通貨取引所Bitgrailで仮想通貨Nano(XRB)が流出 被害額は220億円相当

イタリアの仮想通貨取引所 Bitgrailで仮想通貨Nano(XRB)が流出した。被害額は1700万XRB、米ドル換算で約1.7億ドル(約220億円)程度になる。

同取引所は現在、すべての入出金や取引を停止しており、イタリア国内の警察当局を交えて、調査を行なっている段階。Bitgrailの創業者であるFrancesco Firano氏は、Twitterユーザーへの全額補填はできないとコメントしている。

今回流出したNanoは、全発行量の13%に該当する。Nanoの時価総額は1500億円程度、仮想通貨全体の中で23番目に規模の大きな通貨になる。

仮想通貨の流出といえば、先月に日本の仮想通貨取引所「コインチェック」で、多額の仮想通貨NEMが流出した事件が記憶に新しい。コインチェックは、顧客に対して一定の金額で補填を行うことを発表しているが、今度はイタリアで似たような事件が起こってしまった。

[ via Engadget ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。